« 〔あじさいメモ〕 漫画『美味しんぼ』の「鼻血」問題 世界拡散開始! / ジャパン・タイムズ : 原作者の雁屋哲さん自身 フクイチ見学後、数回の鼻血と異常な疲労感に苦しむ! | トップページ | 〔あじさいメモ〕  ダルビッシュ投手が東北高校(仙台)のエースだったことは、みなさんご存知のことと思います。それでは、みなさん、昭和34年・夏の甲子園で投げ抜いた、東北高校のエース、波山(はやま)投手を憶えていますか? 波山次郎こと尹次郎(ユン・チャラン)さんはその後、「平壌のエース」になっていました! そして「平壌のエース」として、キューバチームと対戦していたのです! »

2014-05-06

〔あじさいメモ〕 「復讐はいけない、ぼくを殺したあの男を赦してあげて」 イランの母の夢の中に、息子は2度、現れていた。決執行の前に。そして――息子を殺された母は、息子を殺した男を、死刑執行当日――直前に、赦した。

 ★ その母、サメレー・アリネジャドさんに、英紙ガーディアンがインタビューしていたので、記録として書いておく。

               *

 2週間前、サメレーさんの夢の中に、死んだ息子が現れ、「復讐しないでくれ」と母親に言った。でも、赦せない、と母は思った。

 刑執行の2日前、夢に現れた息子はなお赦さずにいる母と言葉を交わすのを拒否した。

 前の晩、サメレーさんは一睡もできなかった・

 執行当日、男は絞首台の上で「赦してくれ」叫んだ。

 サメレーさんは怒った。「赦せるものか」と叫び返した。

 そして執行の瞬間、サメレーさんは絞首台で、男の横っ面をひっぱたいた。

 その瞬間、心の中から怒りが消えた。夫に、ロープを外すように言った。

               *

 ★ 赦す――大事なことだ。心の底からの本気の謝罪は、赦されるだろう。「慰安婦」問題の根は、その赦されざるところに、ある。

               * 

  ★は大沼 ◎◎ 英紙ガーディアン  ⇒
 ◎ AFP電(日本語) : 息子を殺された母親、執行直前の死刑囚を免罪 イラン
  (4月18日付け)⇒ http://www.afpbb.com/articles/-/3012935?pid=13534075&page=1

               *

 * "Ten days before the execution was due, I saw my son in a dream asking me not to take revenge, but I couldn't convince myself to forgive," she told the Guardian. "Two nights before that day, I saw him in the dream once again, but this time he refused to speak to me."

 * "We couldn't sleep that night, we were all awake until morning. Until the last minute, I didn't want to forgive. I had told my husband just two days before that I can't forgive this man, but maybe there would be a possibility, but I couldn't persuade myself to forgive." Alinejad had been assured: "My husband said, look to God and let's see what happens."

 * "Please forgive," he shouted, "if only for my mum and dad," Alinejad recalled. "I was angry, I shouted back how can I forgive, did you show mercy to my son's mum and dad?"

 * Balal's fate then took an unexpected turn. Alinejad clambered up on a stool and rather than pushing away his chair, slapped him across the face.

  "After that, I felt as if rage vanished within my heart. I felt as if the blood in my veins began to flow again," she said. "I burst into tears and I called my husband and asked him to come up and remove the noose." Within seconds, as Abdolghani unhooked the rope from Balal's neck, he was declared pardoned.

Posted by 大沼安史 at 04:00 午後 |