« 〔いのちのフクシマ〕英紙デイリー・メールが報道 (動画つき): 「そこは、黙示録的な世界」―― 不条理にも、桜満開の富岡町を、無人ヘリが撮影 | トップページ | 〔いのちのフクシマ〕 福島医大 医師や家族、学生だけにヨウ素剤を配布の「フライデー」スクープ記事、<Fukushima Diary>の英仏訳記事で全世界拡散開始! »

2014-05-04

〔さあ あじさいの国へ〕 台湾の「第四原発」を阻止する闘いを鼓舞したのは、72歳の老政治家、林義雄さんのハンガーストライキだった!

200pxpresident_direct_election_mo_2

 そして――林義雄さんがハンストした場所は、かつて母親と2人のお嬢さんが殺害された場所だった!

               *

1d8d9863_bb

  ★は大沼(写真はWikiより) ◎ 英エコノミスト When the wind blows
(3日) ⇒ http://www.economist.com/news/asia/21601553-president-bows-street-protests-against-nuclear-power-when-wind-blows

 エコノミスト誌によると、林義雄さんは元民進党主席(ハーバード大卒、弁護士)は38年前、当時の政権党(国民党)の「飼い犬」(手先のゴロツキ)に母親と、双子のお嬢さんを殺害された人だそうだ。

 林さんは旧宅の敷地に建てられた教会でハンストを始め、政府が折れるまで、そこから動こうとしなかった。

 その旧宅とは――林さんがハンストを続けた場所は、母と娘が殺害されたその場所だったそうだ。

 筋金入りの闘士とは、こういう人を指す。

  ◎ フォーカス台湾 (4月23日付け)⇒ http://japan.cna.com.tw/news/apol/201404230006.aspx 
   * 林義雄・元民進党主席が新北市に建設中の第4原子力発電所に反対するため、22日から抗議のハンガーストライキに入っている。
  ◎ 林義雄さんWiki ⇒ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E7%BE%A9%E9%9B%84_(%E5%8F%B0%E6%B9%BE)

 * FOR a week last month, a man refused to leave a church built on the site of his former home in Taipei. Neither receiving visitors nor taking food, Lin I-hsiung stayed fixed to the spot where his mother and twin daughters were murdered 34 years ago—by government goons, it is assumed. The Kuomintang (KMT) ran Taiwan as an ugly dictatorship in those days, and Mr Lin had a reputation as a fighter for democracy. At 72, he is still at it. When he began his vigil, he said he would fast to death if necessary, until the government (a reformed and elected KMT) reversed a national energy policy that sees nuclear power as vital for the island. Not wanting to have a martyr on its hands, the government caved in. On April 30th Mr Lin ended his fast. The country’s nuclear policy lies in tatters.

Posted by 大沼安史 at 02:15 午後 |