« 〔フクイチ・グローバル核惨事〕 漫画コミックがフクシマ核惨事後の被曝の問題を議論するよう日本に迫った!(Manga Comic Forces Japan To Discuss Radiation After Fukushima Disaster) / AP通信が全世界拡散報道 / 原作者の雁屋哲さんはこう述べている、「わたしにできることは真実を書くことだけだ("I can only write the truth," he said.)」 | トップページ | 〔吉田調書で判明!①〕 ★ 風下住民が被曝するにもかかわらず、日本政府(保安院)は、「3号機ドライベントの準備」を、マスコミへの情報統制で、国民に知らせていなかった! »

2014-05-20

〔フクイチ・グローバル核惨事〕 ◆ フクイチ発・放射能セシウム・死の灰まじりの「黒い雨」、2013年になっても…………カリフォルニアに降り止まず ◆ シスコ湾岸エリア : 水を、土壌を、汚染! 低レベルのフクイチ放射能、地域のエコシステムの中に侵入! / 州政府機関が報告 ★ 東電と日本政府は、夢のカリフォルニアを汚染しちまった!

  ★は大沼 ◎ ソース・エネニュース ⇒ http://enenews.com/california-govt-report-fukushima-cesium-raining-down-2013-contamination-worked-local-ecosystems-incremental-impacts-radiation-released-fukushima-health-implications-incompletely-understood

 *  However, it is worth noting that low levels of radioactive cesium were still detectable in rainwater during subsequent wet seasons in 2012 and 2013, reflecting the continued presence of Fukushima-derived cesium in the atmosphere.

 *  Plant and food samples collected in the Bay Area in April and May 2011 contained detectable concentrations of Fukushima-derived 131I, 134Cs, and 137Cs, indicating that low-level contamination of the water and soil had worked its way into local ecosystems.

Posted by 大沼安史 at 09:43 午前 |