« 〔あじさいニュース〕 米国の首都、ワシントンにも「従軍慰安婦」像 / 早ければ6月にも完成 ★ 安倍政権は「見通し」を誤ったようだ! | トップページ | 〔Fukushima Diary〕 茨城県の小学校の子どもたちが15日に、放射性セシウムが270ベクレル/キロの水田で田植え実習 / 防護はケガをしないよう「靴下」を履くだけ / FDのモチヅキさんが英仏記事で、日本の教育現場の現実を、世界拡散! ★ 被曝対策はとられるのだろうか? »

2014-05-06

〔あじさいメモ〕 信濃毎日 社説(4日付け): 9条が問う 心の統制 表現の自由であらがう

 * 国家は、それ自身の抜きがたい「本性」のゆえに、さまざまな理由をつけては個人の心に介入し、支配しようとする―。哲学者の高橋哲哉さんは著書「『心』と戦争」で指摘する。だから憲法でわざわざ思想、良心の自由(19条)や集会、結社、言論、出版その他の一切の表現の自由(21条)などを保障しているのだと。

 今、危機に立つ戦争放棄の9条は、19条や21条に支えられているともいえる。その支柱を太くして風圧に強い9条にしたい。私たち一人一人の力でできることだ。

               *

 ⇒ http://www.shinmai.co.jp/news/20140504/KT140503ETI090002000.php

Posted by 大沼安史 at 11:20 午前 |