« ◎ ニューヨーク・タイムズが社説「チェルノブイリの正しい教訓」で「チェルノブイリ」4号機爆発を、正しくも「放射能火山の噴火(erupted into a volcano of radioactivity)」と表現 ★ となると、フクイチの4連続核爆発とは「フクイチ臨海活火山連峰」の連続噴火、ということになる! | トップページ | 〔あじさいニュース〕 米国の首都、ワシントンにも「従軍慰安婦」像 / 早ければ6月にも完成 ★ 安倍政権は「見通し」を誤ったようだ! »

2014-05-06

〔あじさいメモ〕 米ロサンゼルス郊外、グレンダール市の中央公園に建てられた「慰安婦像」の撤去を求める裁判で、原告側の米国の有力法律事務所が「代理人」を降りる! ★ 背景に「戦争犯罪否定」を批判する声!

  ★は大沼 ◎ ロサンゼルス・デイリー・ニューズ (1日付け) ⇒ http://www.dailynews.com/general-news/20140501/law-firm-pulls-out-of-comfort-women-lawsuit-

against-city-of-glendale
  ★ 公園の管理者であるグレンダール市を相手どって撤去裁判を起こしているのは、「歴史の真実を求める世界連盟〔Global Alliance for Historical Truth (GAHT-U.S.)〕

」の2人の日系米国人。

 この裁判をめぐっては、ロサンゼルス・デイリー・ニューズによると、雑誌「フォーブス」に、原告代理人となったシカゴの有力法律事務所を、以下のように手厳しく批判する記事が掲載されていた。

 'Disgusting!,' Cry Legal Experts: Is This The Lowest A Top U.S. Law Firm Has Ever Stooped?(4月13日付け)
  ⇒ http://www.forbes.com/sites/eamonnfingleton/2014/04/13/disgusting-cry-some-legal-experts-is-this-the-lowest-a-prominent-u-s-law-firm-has-ever-stooped/

               *
 * 「ユダヤ人はホロコーストにあたいするとする顧客の代理人をする、自尊心ある米国の法律事務所はあるだろうか? たぶん、ない…………日本帝国の残虐行為に関していえば、しかしながら、トップの法律事務所1社だけは、顧客を厳選してなかったようだ」

 *  Would any self-respecting U.S. law firm represent a client who suggested the Jews deserved the Holocaust? Probably not. As a matter of honor, most law firms would run a mile, and even the least honorable would conclude that the damage to their reputation wasn’t worth it.
 Where imperial Japan’s atrocities are concerned, however, at least one top U.S. law firm hasn’t been so choosy.

Posted by 大沼安史 at 11:11 午前 |