« 〔さあ あじさいの国へ〕 『大飯原発の再稼働認めず!』 樋口英明裁判長・判決要旨(全文) | トップページ | 〔あじさいの言葉〕 「日本の核武装化」を、原発でプルトニウムを生産しながら、ひそかに進めたその「老人」――政治権力者に相(あい)対して、「美汐」はこう言った。「私は今ここであなたに人間としての倫理で勝ちたい」 »

2014-05-25

〔だから あじさいの国へ〕 茨城県ひたちなか市の国営ひたち海浜公園 <3か所で最高で1時間当たり0.70マイクロシーベルト 周辺、立ち入り禁止に> ★ ことしの連休 35万人が訪れたところが汚染されていた! 金ではきれいな海岸を取り戻すことはできない!

  ★は大沼 ◎NHKニュース(Web) : 海浜公園 線量目安超え一部立ち入り禁止
(24日)  ⇒ http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140524/k10014693301000.html

 * ひたち海浜公園は、ことしの大型連休中の入園者が35万人を超えるなど、茨城県有数の観光地で、国土交通省は今後、除染を実施することにしています。

 ◎ 参考 : 原子力事業者:研究で規制委審査委員に3千万円も
  ◆ 毎日新聞(22日): ⇒ http://mainichi.jp/select/news/20140523k0000m040035000c.html

 * 原子炉や核燃料の安全性について原子力規制委員会に助言する二つの審査会の委員6人が、原発メーカーや電力会社の関連団体から60万〜3277万円の研究費などを過去数年間に受け取っていたことが22日、分かった。規制委事務局の原子力規制庁が公表した。

 最多は関村直人・東京大教授で、三菱重工業と電力関係団体の電力中央研究所から研究費計3277万円を受領。……

Posted by 大沼安史 at 09:59 午前 |