« 〔だから あじさいの国へ〕 前双葉町長の井戸川克隆さん 佐藤雄平・福島県政を厳しく批判: <もういい加減にしたらどうですか福島県庁どの、県民の前に立ちはだかり県民の損害を妨害しない方が良いのではないですか? 今県庁が行っているのは県民の損害の請求権の妨害以外の何物でも有りません。安心キャンペーンをすぐやめて非常事態宣言を出すべきです、国は責任者だから県民を守ることはしません。県民の人権を守るのは県庁の仕事でしょう。反論が有れば県庁は私に出して下さい> | トップページ | 〔フクイチ・グローバル核惨事〕 「このとても、とても、悲劇的な、惨事(this very, very tragic disaster)」!――キャロライン・ケネディ大使が14日に現場を視察 「米国は将来もあらゆる方法で支援する用意が出来ている」! / 21歳の息子、ジャックさんを同行! ジャックさん、「米国の同世代が、フクシマを念頭に置き続けることを望む」  »

2014-05-15

〔だから あじさいの国へ〕 「集団的自衛権」行使容認の安倍首相の私的諮問機関、「安保法制懇」、<複数の委員が「単なるお飾りだった」と嘆く中。会議は役割を終え>た。<委員のひとりは言った、「わたしたちは政権のための駒だった……」> ★ 「平和憲法」をふみにじる安倍政権にとって、御用有識者会議を手玉にとるなど、屁でもない?!

 ★は大沼 

 ★ 朝日新聞(15日付け朝刊、4面)は、「法制懇」の検討の驚くべき実態を暴露した。

 それによると、

 * 「委員全員を対象とした」最後の会議は3月17日夕、帝国ホテルで開かれた。会議の数日前、委員の一人は官邸からの電話に唖然とした。「会議室は会議の3時間前に開けておきます。報告書の原案を置いておきますので必要ならメモをとってください」…………

 * 米国家安全保障局(NSA)による欧州首脳への盗聴疑惑が問題になってから会議開催日でさえ電子メールでの通知はやめ、電話やファクスに変えた。〔委員が〕自宅で資料を読み込もうにも持ち帰りが許されなかった。

 * 報告書作成は今年1月以降、座長代理の北岡伸一・国際大学長、外務省出身、防衛省出身の官房副長官らが主導、首相の意を受けながら水面下で文言を詰めた。

 * 報告書の完全版は速達で送られたが、ある委員に届いたのは公表日前日の14日午前。「新聞で先に概要を知った」

 ―― 「メール盗視」を恐れて、(NSAによる)「電話盗聴}の可能性に気付かない、安倍政権のこの幼稚さ加減は何なのだろう!

 それにしても、安倍政権は米国が「集団自衛権の行使」を歓迎していると言いながら、どうして米国(NSA)の盗聴・盗視を恐れているのだろう?

 米国は安倍政権に対して、暴走を控えるよう、クギを刺しているのではないか?

 しかし、それにしても問題なのは、安倍政権のなにものかに憑依されでもしたかのような、理性を失ってしまったかのような、迷走ぶりである。

 劣等感の裏返しなのかもしれないが、憲法と国会どころか、子飼いの法制懇まで手玉にといってゴリ押しすることは許されない。 

Posted by 大沼安史 at 10:12 午前 |