« 〔竹野内真理さんを本日、検察が取り調べ〕 竹野内さん、英文と日本文で、全世界・全国の人々に、支援と注視を呼びかけ! | トップページ | 〔だから あじさいの国へ〕 「ウォールストリート・ジャーナル」 : 漫画の『美味しんぼ』は、日本の<食のバイブル(“the Bible of foodies”)>ともみなされている――と、その影響力の重大性を指摘 / フクシマで「被曝」はセンシティブなトピックになっており、「反原発」を表だって求める反対派に、「復興の邪魔」だとか、出て行け、といった脅迫電話がかかっている……と、苦悶する現地の実情を、世界拡散報道! »

2014-05-14

〔フクイチ・グローバル核惨事〕 新たに「大阪ガレキ焼却問題」が、漫画<美味しんぼ>で世界拡散、開始! / 被曝医療専門家の松井英介医師が漫画キャラで国際社会に暴露! 「放射能に汚染されたガレキを焼却した大阪の焼却炉の周辺の約800人に影響が出ている」 / 「鼻血、目やのど、皮膚に不快な症状!」/ ★ 世界の人々は鼻血がフクイチ被曝地だけの問題ではなく、「オールジャパン」に近い深刻な被曝症状であることに気付き始めた!

 ★は大沼 ◎ エネニュース  ⇒ http://enenews.com/medical-expert-hundreds-ill-after-fukushima-nuclear-plant-rubble-burned-major-japanese-city-suffering-nosebleeds-problems-eyes-throats-skin-govt-radiation-levels-low-enough-be-safe

 ◎ ジャパン・タイムズ ⇒ http://www.japantimes.co.jp/news/2014/05/12/national/gourmet-comic-stokes-fukushima-ire/#.U3Jh2mfj58E

  *  Osaka Prefectural Government took issue with the assertion, expressed by a character based on real-life medical expert Eisuke Matsui, that about 800 people living around an incinerator there have been affected by burning tsunami debris tainted with radiation from Tohoku.

 ◎ 共同(英文 ):Japan comic rapped for linking nosebleed and radiation exposure
 ⇒ http://mainichi.jp/english/english/newsselect/news/20140513p2g00m0dm039000c.html

  * Citing another expert, the comic also said hundreds of people living near an incineration site in the city of Osaka, which accepted rubble generated by the natural disasters in 2011, have experienced nosebleeds or unpleasant symptoms affecting their eyes, throats and skin.

Posted by 大沼安史 at 09:59 午前 |