« 〔だから あじさいの国へ〕 「ウォールストリート・ジャーナル」 : 漫画の『美味しんぼ』は、日本の<食のバイブル(“the Bible of foodies”)>ともみなされている――と、その影響力の重大性を指摘 / フクシマで「被曝」はセンシティブなトピックになっており、「反原発」を表だって求める反対派に、「復興の邪魔」だとか、出て行け、といった脅迫電話がかかっている……と、苦悶する現地の実情を、世界拡散報道! | トップページ | 〔さあ あじさいの国へ〕 <福島市内などの書店やコンビニエンスストアなどでは軒並み、12日発売号が売り切れた。県庁近くの西沢書店大町店では前日までに購入予約が相次ぎ、12日昼までに完売した。同書店の担当者は「話題になっていることもあり、すぐに売り切れた」と話した。民主党県連幹部は「反応すれば反応するほど作品への注目が集まる。抗議声明を出すかどうか悩んだ」と打ち明けた> »

2014-05-14

〔さあ あじさいの国へ〕 検察官への手紙 / 竹野内真理さん ☆ <どうか検察官の皆様方には、私個人の問題としてだけではなく、原発事故後の福島の子供たちの健康問題をさらに悪化させなくするためにも、公平な判断をしていただきたいと思います> ☆ <検察官の方々にもご家族やお子様がいらっしゃるかと思います。……私の発信する情報が、今回の件で私自身を守るだけでなく、皆様ご自身とお子様たちの健康を少しでも守ることができますようお祈りしております>

 ★ 竹野内さんの捨て身の訴えは真実だ。

 誰もが、被曝から守られなければならない!
 

  ★は大沼 ◎ ⇒ https://www.facebook.com/note.php?note_id=634220693334204

Posted by 大沼安史 at 05:46 午後 |