« 〔だから あじさの国へ〕 <美味しんぼ・鼻血問題> ブログ・ニュース : <ビッグコミック・スピリッツは、事実上の『閉架処置』で 『販売粛清』>   | トップページ | 〔フクイチ・グローバル核惨事〕 ついに「フクイチ地獄( hell at Fukushima Daiichi )」と! ◆ CNNが、フクイチへロボットが投入されるとのレポート(13日付け)で、とうとう「ヘル(地獄)」という表現を使った! これは、わたしの知る限り、外国の有力メディアの報道では初めてのことである! ★ フクイチ核地獄! CNNの世界報道の影響力は大きい! »

2014-05-16

〔あじさいメモ〕 広河隆一さんが<鼻血問題>で見解 <この〔2014年〕3月、映画取材班とともに、チェルノブイリを5年ぶりに取材した。ウクライナの高濃度汚染地域であるナロジチ地区のナロヂチ市中央病院の副院長に、日本では福島原発事故の後、鼻血がでた子どもが増えたという声を聞くが、チェルノブイリではどうだったのか、と聞いた。すると副院長は「チェルノブイリでも事故の後、鼻血が増えた」と答えた。被曝によって血液系統の病気が増えた。鼻血もそうだが、貧血も増えたということだった。白血病の前段階の症状も増えたという>

 ◎ <美味しんぼ・鼻血問題への見解> ⇒ http://sun.ap.teacup.com/souun/14188.html#readmore

 ◎ 参考 広河さんによるチェルノブイリ8年後の映像レポート ⇒ http://sun.ap.teacup.com/souun/14188.html#readmore

Posted by 大沼安史 at 04:43 午後 |