« 〔いのちのフクシマ〕 <「美味しんぼ」問題>関連 : 「子どもと未来を守る会・町田」 健康調査報告 / ◆ 5歳(事故当時)の男子 : 「25分から30分間鮮血の鼻血が水道の蛇口を全開にしたように大量に出る……現在、鼻の奥に茶色の膿が溜まり、中耳炎が2ヶ月半」 / ◆ 6歳女子 : 「週に1、2度。静かに座っているとき、就寝中などに突然、血をこぼしたように出る。ティッシュ20枚以上は使う…… | トップページ | 〔いのちのフクシマ〕 <「美味しんぼ」鼻血>関連 : 札幌に避難した母、宍戸隆子さんは、国会(2011年12月2日、参院復興特別委)で、涙をこらえながら訴えた! :「目の前で、いままで出したことのないような鼻血を出している子どもたしちがいたら、みなさん、どうしますか? 偉い学者さんが、どんなに安全だといっても、いま起きている事象を優先しませんか?」「子どもの、人間のいのちを守ることを最優先に考えた方策を考えてください」 »

2014-05-10

〔いのちのフクシマ〕 <「美味しんぼ」問題>関連 : 「ピースボートなどの招きでフクシマ被曝地の現地調査を行なった外国人医師たちは非常に驚いた! どこへ行っても同じ兆候が見られた。鼻血、皮膚炎、下痢、呼吸器疾患、耳の裏側の痛み、口内炎……」

 ◎ 本ブログ再掲 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2012/11/post-5dd5.html

Posted by 大沼安史 at 03:14 午後 |