« 〔だから あじさいの国へ〕 フクイチ放射能プルーム、明日(4日)昼ごろ、首都圏を“直撃” 東海地方も“席捲” / スイス気象台が「大気拡散予報」 | トップページ | 〔いのちのフクシマ〕英紙デイリー・メールが報道 (動画つき): 「そこは、黙示録的な世界」―― 不条理にも、桜満開の富岡町を、無人ヘリが撮影 »

2014-05-03

〔だから あじさいの国へ〕 <Fukushima Diary> 福島県庁 新年度(4月)から、それまで「毎日」、採取し続けてきた「放射能降下物」の測定を、なぜか、国に合わせ、「雨の日だけ」に変更! / フクイチからは毎時1億ベクレル(それも東電発表)もの放射性セシウムが出ているのに……

 ★ 佐藤・福島県政の「放射能隠し」がますます荒れ狂っている!

   ★は大沼 ◎ Fukushima prefectural gov shrank fallout survey / Still 10 Million Bq of Cs-134/137 emitted from Fukushima EVERY HOUR
    ⇒ http://fukushima-diary.com/2014/04/fukushima-prefectural-gov-shrank-fallout-survey-still-10-million-bq-of-cs-134137-emitted-from-fukushima-every-hour/
  ◎ 福島県庁 <平成25年度まで「定時降下物」として毎日9時に採取していましたが、平成26年度からは、国が全都道府県で実施している「環境放射能水準調査」の調査方法に基づき、「定時降水」として試料の採取日を“降雨日ごと”とする方法に変更します>
 ⇒ http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/16025d/teiji-kokabutsu.html

Posted by 大沼安史 at 07:55 午前 |