« ◎ 米国西海岸(カリフォルニア中北部) ことしもアシカ アザラシが謎の大量死 / 昨年は「放射能は原因ではない」、病気でもないということだったが……? ★ 「フクイチ放射能海水プルーム」の影響でないとよいのだが。 | トップページ | 〔あじさいメモ〕 米ロサンゼルス郊外、グレンダール市の中央公園に建てられた「慰安婦像」の撤去を求める裁判で、原告側の米国の有力法律事務所が「代理人」を降りる! ★ 背景に「戦争犯罪否定」を批判する声! »

2014-05-05

◎ ニューヨーク・タイムズが社説「チェルノブイリの正しい教訓」で「チェルノブイリ」4号機爆発を、正しくも「放射能火山の噴火(erupted into a volcano of radioactivity)」と表現 ★ となると、フクイチの4連続核爆発とは「フクイチ臨海活火山連峰」の連続噴火、ということになる!

  ★は大沼 ◎ ニューヨーク・タイムズ : The Right Lessons From Chernobyl
   (1日) ⇒ http://ecowatch.com/2014/05/04/ny-times-editorial-board-nuclear-abandonment/2/

 * Twenty-eight years after Unit 4 at the Chernobyl power plant in what was then Soviet Ukraine erupted into a volcano of radioactivity, its name has become synonymous with the nightmarish side of nuclear power.

               *

 ★ このタイムズ社説は、チャルノブイリーをドームで覆う作業が難航していることなど、原発の限界を指摘したものだが、それでも原発事故にダメージは、化石燃料による地球温暖化のダメージよりは軽微であるとしている。

 * The dangers of nuclear power are real, but the accidents that have occurred, even Chernobyl, do not compare to the damage to the earth being inflicted by the burning of fossil fuels — coal, gas and oil.

 これについて脱原発運動家のハーヴェイ・ヴァッサーマンさんは、タイムズの論説委員会が原発それ自体の温室化効果、廃棄物処理問題などを無視しているが、わたしもヴァッサーマンの意見に賛成である。
  ⇒ http://ecowatch.com/2014/05/04/ny-times-editorial-board-nuclear-abandonment/

 * But as some in the respondents section point out, the Times ignores nuclear power’s own greenhouse impacts, especially in the mining, milling, transport and enrichment of radioactive fuel. Not to mention the heat emissions into the air and water from regular operations and periodic melt-downs and blow-ups. Or those involved with the as-yet unsolved management of radioactive wastes, both at exploded sites and where thousands of tons of spent fuel rods and other hot detritus still sit.

 わたしにしてみれば、温暖化も原発も、地球における人類の生存にとってあってはならないものであり、比較考量できないものだと思う。

Posted by 大沼安史 at 10:44 午前 |