« 〔あじさいは平和の花〕 <沖縄タイムス> 「普天間グアム案 (ラムズフェルド国防)長官が了承 日米政府が拒む」/ 1999~2003年まで米海兵隊総司令官を務め、米軍再編協議にも関わったジェームズ・ジョーンズ氏が22日、訪米中の稲嶺・名護市長に明言! ◆ ジョーンズ氏、「市長の話は、海兵隊のトップに提言したい」 ★ 捨て身でワシントンに乗り込んだ稲嶺市長! 田中正造さんの天皇直訴を思い出す! | トップページ | 〔あじさいは平和の花〕 「オキナワの市長、米軍基地に対する闘いをワシントンに持ち込む!」 ニューヨーク・タイムズも稲嶺・名護市長の「辺野古阻止」の訴えを報道! 「そこに生きる人々への一方的な押しつけは、うまくいかない!」と、市長権限を行使した抵抗闘争を明言! »

2014-05-24

〔あじさいは平和の花〕 稲嶺・名護市長のワシントンでの訴え 米軍準機関紙「星条旗」紙も報道! / 「彼はギブアップしていない!(But he's not giving up.)」  ◆ 辺野古移転 市長としてあらゆる行政権限を発動して阻止! ジュゴン絶滅も訴え

 ★ 沖縄はいま、「普天間・辺野古」を軸に、米軍・安倍政権を相手取って、「無手勝流・オキナワ解放の闘い」を開始しているのではないか!

 「星条旗」紙が稲嶺市長のワンシトンでの訴えを取り上げたのも、そこに歴史を動かし得る力を――歴史転換のリアリティーを、感じているのではないか!

               *

  ★は大沼 ◎ Okinawa mayor invokes red tape, manatee deaths to stop US base
(ワシントン発ブルームバーグ電 23日付け)
  ⇒ http://www.stripes.com/news/pacific/okinawa-mayor-invokes-red-tape-manatee-deaths-to-stop-us-base-1.285040 
 *  "I, as mayor, have operational control over two ports that are needed for use as construction landfill and I will exercise all powers in the municipality to block access."

Posted by 大沼安史 at 08:47 午前 |