« 〔松村昭雄さん ニューヨーク発〕 ヘレン・カルディコット博士が、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長宛ての書簡 / 2020年の「東京オリンピック」を前に、IOCの力で、生物医学専門家による独立調査団を組織し、〔フクイチ事故で〕放射能の影響を受けた全地域で健康被害調査を実施するよう要望 | トップページ | <電磁波ニュース> 電磁波症状 被曝レベルと相関 / 携帯無線タワー(基地局)の半径500m以内の住民に <神経行動学的症状> や <癌> が増加 / スペインの研究チームが(あらためて)確認 英医学誌に論文を発表  »

2014-04-01

〔あじさいコラム〕 「STAPプリンセス」に、躍動の春を!

 夕刊の社会面を開いて、驚いた!

 黒々とした、太字の大見出しが、蛇のようにうねっていた。

 「不正 小保方氏のみ」

               *

 「STAP細胞」論文の筆頭筆者である小保方晴子さんに「研究不正行為があった」とする「最終報告書」を「理研」が発表した。

 「研究不正行為」とは何か?

 それは――研究の根幹をなす画像に、計2点の「改竄・捏造」があったことだそうだ。

 具体的には、「別の実験画像を切り貼りした行為」は「改竄」であり、「博士論文と酷似した実験画像を使った行為」は「捏造」なのだそうだ。

               * 

 「改竄」「捏造」――とは、なんとも、仰々しい表現である。

 「改竄」は、「悪用するために、勝手に直すこと。<登記簿を――する>」(デジタル大辞泉)
 「捏造」は、「事実でないことを事実のようにこしらえること。でっちあげること。<記事を――する>」(同)

               *

 「理研」の「調査委」が、小保方さんが論文で発表した「STAP細胞」そのものが嘘っぱちだと結論づけたのならまだしも、「STAP細胞」の追試もしないで、こんな乱暴な表現で決めつけるなんて!

 これじゃまるで、たとえば料理学校の女生徒が、「無アレルギー(?)」の万能料理法を発見、割烹着姿で卒業制作の腕をふるい、絶賛を浴びた……にもかかわらず――――その発表のレシピの写真に難癖をつけ、せっかくの研究成果そのものに泥水を浴びせかけているようなものだ。

               * 

 この「調査委」の「最終報告」に対し、小保方さんは「(報告書を受け取り)驚きと憤りの気持ちでいっぱいです。特に、研究不正と認定された2点については、理化学研究所の規程で『研究不正』の対象外となる『悪意のない間違い』であるにもかかわらず、改ざん、ねつ造と決めつけられたことは、とても承服できません。(中略)このままでは、あたかもSTAP細胞の発見自体がねつ造であると誤解されかねず、到底容認できません」とのコメントを発表した。

               *

 「悪意のない間違い」を、ふつうは「ミス」という。

 「ミス」を、「改竄」だ「捏造」だと言われては、小保方さんのみならず、「発見」された当の「STAP(刺激惹起性多能性獲得)細胞 Stimulus-Triggered Acquisition of Pluripotency cells」自身、「万能細胞」としての自らの存在意義と可能性を全否定されたような気がして、いまごろきっと「驚きと憤りの気持ちでいっぱい」でいるのではないか。

               *

 この「STAP細胞」をめぐる騒動で思い出すのは、フランスのINSERN(国立保健医学研究所)のディクレターを務めたこともある、世界的に有名な免疫学者、ジャック・バンヴェニストさん(Jacques Benveniste 1935~2004年)の、画期的な研究発表に対する猛烈なバッシングのことである。

 バンヴェニストさんは、自分の研究所のほか、自国フランスのほか、イスラエルなど3ヵ国の5つの研究所グループと連携し、水に含まれていた抗原(アレルゲン)のアンチゲン(抗原)がもはや不在――ゼロになった時でさえ、その水が、まるでその抗原を記憶しているかのように、アレルギー反応を示すこと(――「水の記憶」理論)を発見し、くだんの「ネーチャー」誌(1988年)に発表した。

 ところが、発表の4日後、「ネーチャー」誌の編集長自らが学者2人を引き連れて、INSERNに現れ、自分たちで実験を「再現」。

 その結果、パンヴェニストさんの発見を否定する結果が出たとして、次ぎの「ネーチャー」誌上で公表したのである。

               *

 また、バイオ・フォトン(生物光子)の発見者(正確には再発見者)として知られる、ドイツの生物物理学者のポップ博士の(Fritz-Albert Popp 1938年~ )の場合、勤め先の大学から、追い出される始末。

 教え子の若手研究者の協力で、自分で制作したバイオ・フォトン検出装置だけは、地下室に隠すことができて没収をまぬかれたという逸話の持ち主だ。

 犬の人間(飼い主)に対するテレパシー感知などのユニークな研究でも知られる、英ケンブリッジ大学の生化学の指導的な研究者だったルパート・シェルドレーク博士(Rupert Sheldrake 1942年~ )などは、自分の(最初の)本を、「ネーチャー」誌の論説記事で「焚書にあたいする(book for burning)」と酷評されたほどだった。

               *

 既存の学問(信仰)体系を突き崩すような学説の提唱者や発見者は、ともすれば、かのガリレオがあじわった憂き目に遭いがちなものであり、それが既成の利権を危うくするものであればあるほど、バッシングの強烈さがますことは、たとえば「常温核融合」のケースでも見られることだ。

 小保方さんの「STAP細胞」も、そうした時代画期的な、コペルニクス的な転回をもたらす、可能性を秘めたもの。

 そして何より――わたしたち人間の「いのち」にかかわる、たいへん発見である。

               *

 小保方さんは「STAP細胞」を一時、「プリンセス細胞」と命名しようかと思ったこともあるそうだが、彼女がわたしたちの意識(世界)に呼び出した、いわば人の生命の素というべき「刺激惹起性多能性獲得細胞」は、まさに、生命のプリンセス。

 それでも地球は動いているように、「STAPプリンセス」もまた、本格デビューを前に(そしてママになる日を前に……)、なお、可能性のダンスを続けている。

 その可能性は否定されずに、そこに、可能性の事実として――残っている。

 せっかく生まれ、ステップを踏み出した「STAP細胞」の「未来」に幕を引き、生命科学のプリンセスの、いのち輝く、躍動の春を、だいなしにしてはいけない。

Posted by 大沼安史 at 08:31 午後 3.コラム机の上の空, 6.命・水・祈り |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/59394147

この記事へのトラックバック一覧です: 〔あじさいコラム〕 「STAPプリンセス」に、躍動の春を!: