« <電磁波ノート>  「スマート・メーター」で、家族の全員の「監視」が可能に。ベッドでの行為も「ウォッチ」! 声も言葉もすべて「聴取」  / 英軍で電磁波兵器開発にあたった英国人物理学者のバリー・トロワーさんがインタビューで明らかに! ② / 電磁波でターゲットの人間のホルモン・レベルを測定も可! / 45m(150フィート)以内なら脳の活動状況、精神状態の把握も可能!  | トップページ | 〔いのちのフクシマ〕 在仏のコリン・コバヤシさん:<エートス計画> を国際的に行なおうとしているJ・ロシャールの言説を批判する / 朝日新聞特集<福島とチェルノブイリ ジャック・ロシャールさん>(2014年3月21日付)についていくつかのコメント »

2014-03-29

<電磁波ノート> 豪陸軍の通信部隊の(元)兵士、ジョージ・パーカーさん 1960年代の終わり、ベトナム戦争に動員され、南ベトナムの戦場で、たった1年間で、電磁波過敏症に! / 頭痛、不安、冷や汗、記憶障害、集中力の喪失、悪夢…… / 16年後、タスマニア島に移住して、嘘のように全快 …… 電磁波過敏症だったことに気付く!

 ★ イラク戦争に動員された自衛隊員に自殺された方が多いのは、やはり、「電磁波フォッグ(スモッグ)」の中にある、現代戦の戦場環境のせいなのかも知れない。

 この問題は防衛省としても、至急、調査すべきである。

 ★は大沼 ◎ カナダの女性ジャーナリスト、キム・ゴールデンバーグさんのブログ報告(26日付け) 

⇒ http://electroplague.com/2014/03/26/george-parker-military-exposure-to-wireless-radiation/http://electroplague.com/2014/03/26/george-parker-military-exposure-to-wireless-radiation/ 

 ◎ 関連  <電磁波メモ> イラク派遣自衛隊員、自殺者続出問題――謎を解く鍵は、もしかしたら、「電磁波被曝」にあるのかも知れない。イラク米軍兵士と同様、住民鎮圧・テロ防止対策で設置した「電磁波照射デバイス」による被曝で抑鬱状態に?
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/03/post-79e5.html

Posted by 大沼安史 at 10:22 午前 4.電磁波被曝問題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/59373659

この記事へのトラックバック一覧です: <電磁波ノート> 豪陸軍の通信部隊の(元)兵士、ジョージ・パーカーさん 1960年代の終わり、ベトナム戦争に動員され、南ベトナムの戦場で、たった1年間で、電磁波過敏症に! / 頭痛、不安、冷や汗、記憶障害、集中力の喪失、悪夢…… / 16年後、タスマニア島に移住して、嘘のように全快 …… 電磁波過敏症だったことに気付く!: