« 〔フクイチ核惨事・開始3周年〕 「核戦争に反対する医師の会」が「原子力規制委員会への抗議声明」を英文で発表し、国際社会にアピール!/ 規制委の「帰還に向けた考え方」には「放射線防護の点から、また住民主権という人権の観点からも大きな問題点があり、断じて認めるわけにはいかない」!!! | トップページ | 〔いのちのフクシマ〕 動物も悲惨だぞ 何も知らねえべ/ 松村直登さん 福島県富岡町民 »

2014-03-09

〔コラム あじさいの国へ〕 たましひはみどり

 2011年の夏、避難先の郡山市のアパートで、高校1年生だった矢代悠(はるか)さんは、トイレにこもって声が漏れないように泣いた。

 母親がなじったそうだ。「大丈夫じゃなかったじゃない」

 父親は――東電社員のお父さんは、言い返さなかったそうだ。
 
        *
 
 母親は知り合いから「どう責任を取るの」「被害者面して」と言われた。

 父親は事故の収束作業に呼び出され、避難先に戻るのは月8日程度。細い体がさらに細くなり、ほおがこけた。

        *
 テレビの「脱原発デモ」を見て、悠さんはこう思ったそうだ。

 「東京の電気をつくる原発がどこにあるかも知らなかったくせに。お父さんが頑張っていることはだれも知ろうとしないのに、無責任じゃない」

        *

 今月1日、いわき市の高校の卒業式に臨んだ悠さんの高校生活は、フクシマの被爆者として――と同時に、東電社員の家族として、事故の重みに耐えながら、生き抜いた3年間だったようだ。

 15歳から18歳まで、フクシマの青春を生き抜いた悠さんのことを、朝日新聞(8日付け朝刊)で読んで、涙が流れた。

 記事を読んで、お母さんも、お母さんの知り合いも――そして誰より、お父さんが泣いたのではないか!

        *

 わたしは記事を読み終え、よくぞ言ってくれた(教えてくれた)、と悠さんに心の中で手を合わせた。

 わたしは、フクシマの人たちのほんとうの気持ちが、悠さんの「言葉」で、ようやく分かった(分かりかけた)ような気がした。 

 わたしもまた、たしかに、何も、知らなかったのだ。

 事故が起きるまでは。

 そして事故のあとも、悠さんの「言葉」を聞くまでは。

 現場で働く東電社員や、作業員の人たちとその家族のことなど。

        *

 わたしは、悠さんの「言葉」をかみしめがら、先日、亡くなった詩人、吉野弘さんの、詩の一節を思い出していた。

  ―― 諸君
     魂のはなしをしましょう
     魂のはなしを!
     なんという長い間
     ぼくらは、魂のはなしをしなかったんだろう――

        *

 そしてまた、「たましひはみどりなるべし」――

 辺見じゅんさんの歌の、あの、美しい歌いだしを。

        *

 いま、わたしたちが、なすべきは、――悠さんが教えてくれたように、「立場」や「建前」の「言葉」ではなく、「真情」の言葉を言うこと、聞くこと、交わすことではないか?

 理解し合い、困難を見据え、一緒に立ち向かうことではないか?

        *

 ふるさとはみどり。

 そこに生まれた、悠さんのような、いのちもみどり。

        *
   
 フクイチ核惨事・開始3年――。

 東電本社の人も、霞が関の政府の人も、県庁の人も、医科大学の先生も…………そしてわたしたちも、「組織の言葉」を離脱し、いのちに向き合う「魂のはなし」を始めなければならない。

Posted by 大沼安史 at 11:30 午前 3.コラム机の上の空, 5.希望・連帯・創造 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/59262217

この記事へのトラックバック一覧です: 〔コラム あじさいの国へ〕 たましひはみどり: