« 〔だから あじさいの国へ〕 日本の原子力開発に携わって来た「日本政府高官」が、「日本は1980年代から、核兵器開発能力を保持している」と明言!/ 米NBC放送が報道 /「プルトニム増殖炉・ウラン濃縮プラント建設で核兵器製造能力を入手」 結果的に日本、「地下室に核爆弾を隠している(Nuclear“bomb in the basement”)」状況に  / プルトニウム「6ヵ月の工程で核爆弾化」/ 米専門家、「日本のタカ派は核兵器を愛している」と指摘! | トップページ | 〔さあ あじさいの国へ〕 フクイチ作業員 100人が 14日に 東電本社前で 抗議行動――AFPが世界拡散報道!/ 被曝線量がリミットに達したとしてレイオフされた30代の作業員は言った。「放射能汚染水の処理作業を非人間的な環境で強いられている」 »

2014-03-15

<電磁波ニュース> 「 『脳制御』は我々の機密プロジェクト」 中国軍首脳、劉源上将(政治委員)が言明 ★ オーストラリア留学時代に「被害」を受け、「電磁波攻撃」と闘う「ピース・ピンク」国際キャンペーンを開始した、中国人女性、リウさんの告発を裏付け!

 ★ マイクロ波パルスによるとみられる遠隔精神操作の「犠牲者」は、米国や日本、欧州各国だけでなく、中国にも多数いると伝えられていた。

 その非人道テクノロジーを、中国軍が軍事用でプロジェクト開発を続けていることが、香港紙がつたえた軍トップの発言で確認された。

Images

 中国人の被害者で、告発運動の先頭に立っている、Soleilmavis Liuさん(女性)が公刊した体験記、「墓の中の12年(Twelve Years in the Grave)」によれば、

Product_thumbnail_2

 彼女が豪メルボルンの大学に留学していたある夜、(不快な毎日が続いたあと)、突然、「彼女は醜い、彼女は汚い」という「声」が聴こえて来た(同書8頁)という。

 その時、聴こえてきた「声」――「彼女は醜い、彼女は汚い」は……英語――ではなく、中国語だった!

 それがリウさんの、電磁波攻撃との闘いのはじまりだった。

 リウさんは、中国軍の人体実験のターゲットにされていたのかも知れない。

 リウさんが続けている「ピース・ピンク(反電磁波人体攻撃・国際キャンペーン)」については、以下のサイトを参照。
  ⇒ http://peacepink.ning.com/

         *

 全国人民代表大会(全人代)に出席している人民解放軍総後勤部の政治委員の劉源上将は、「当局は『脳制御』(人工頭脳制御)といった科学研究を行っているのか」というマスコミの質問に、「『脳制御』は我々の機密プロジェクトで、これ以上コメントできない」と答えたことが明らかになった。11日付香港紙・蘋果日報が報じた。

 ★は大沼 ◎ 「大紀元」 ⇒ http://www.epochtimes.jp/jp/2014/03/html/d99022.html

         *

 ★ 日本での電磁波照射被害については、以下の「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」のHPを参照ねがいます。
  ⇒ http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/

Posted by 大沼安史 at 09:20 午前 4.電磁波被曝問題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/59294774

この記事へのトラックバック一覧です: <電磁波ニュース> 「 『脳制御』は我々の機密プロジェクト」 中国軍首脳、劉源上将(政治委員)が言明 ★ オーストラリア留学時代に「被害」を受け、「電磁波攻撃」と闘う「ピース・ピンク」国際キャンペーンを開始した、中国人女性、リウさんの告発を裏付け!: