« 〔いのちのフクシマ〕 英紙ガーディアンが「フクイチ核惨事・開始3周年」で報道! <甲状腺がん発症率をめぐる議論の中心(センター)に立たされた子どもたち> ★ 「議論」しているうちに、症状は進み、問題と責任は、先送りされてゆく!   | トップページ | 〔さあ あじさいの国へ〕 「福島を忘れるな」 3・9 東京・3万2000人大集会 外国プレスの報道写真 »

2014-03-10

〔いのちのフクシマ〕 ロイター通信が全世界拡散報道 : こどもたちは「見えない敵」と戦っている! / ★ 被曝地の家族たちに「放射能・集団的自衛権」を速やかに付与せよ! 何よりも――まずもって、放射能から子どもたちを守るのが、先決だろうに!

 * 「爆心」から55キロ離れた幼稚園の園長先生は、こう言った。

 「とても恐れていることもたちがいます。食べる前に『放射能、入っている?』って、何でも聞くんです}
 "There are children who are very fearful. They ask before they eat anything, 'does this have radiation in it?' and we have to tell them it's okay to eat," said Mitsuhiro Hiraguri, director of the Emporium Kindergarten in Koriyama, some 55 km (35 miles) west of the Fukushima nuclear plant.

 「でも、外でほんとに遊びたい子もいる、砂場で遊んだり、泥んこ遊びがしたいと。でも『ごめんね』と言わなくちゃならない」
 "But some really, really want to play outside. They say they want to play in the sandbox and make mud pies. We have to tell them no, I'm sorry. Play in the sandbox inside instead."

 ★は大沼 ◎ 9日付け The children of Japan's Fukushima battle an invisible enemy
⇒ http://www.reuters.com/article/2014/03/10/us-japan-fukushima-children-idUSBREA280RJ20140310

Posted by 大沼安史 at 01:03 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔いのちのフクシマ〕 ロイター通信が全世界拡散報道 : こどもたちは「見えない敵」と戦っている! / ★ 被曝地の家族たちに「放射能・集団的自衛権」を速やかに付与せよ! 何よりも――まずもって、放射能から子どもたちを守るのが、先決だろうに!: