« 〔フクイチ・グローバル核惨事〕 「山を、川を守れ!("protect mountains, rivers")」――ロンドンで16日、「ノーモア・フクシマ」3周年抗議行動 「JAN UK(原発に反対する日本人たち―英国)」が呼びかけ  | トップページ | 〔さあ あじさいの星へ〕 米国の「社会・環境統合センター(SESYNC)」が「気象」など5つのリスク・ファクターによる「HANDY(人類・自然ダイナミカル)モデル」を使って、わたしたちの文明の行方を予測 ⇒ 結論は、このまま続けてゆくと、「数十年以内に( in coming decades )文明は崩壊する!」 / エコロジー持続キャパを超えた「資源枯渇」と「経済の階層化」(貧富拡大)が主因 »

2014-03-19

〔フクイチ・グローバル核惨事〕 シャチ(キラー・ホエール)のセシウム137汚染 30年以内に、<1000ベクレル/キロ> の「カナダ政府安全基準」を突破する見通し / カナダ西海岸、サイモン・フレーザー大学の研究チームが食物連鎖濃縮モデルで予測

 ★ フクイチ放射能の太平洋生体連鎖濃縮問題が急浮上して来た!

 
 ★は大沼 ◎ バンクーバー・サン (12日付け) : Troubled waters: Nuclear radiation found in B.C. may pose health concerns
 ⇒ http://www.vancouversun.com/news/Toxic+waters+Nuclear+radiation+found+pose+health+concerns/9606269/story.html 
 
 Researchers developed a model based on the diet of fish-eating killer whales along with the levels of Cesium 137 detected and predicted (less than 0.5 becquerels per cubic metre, a measurement of radioactivity) by other researchers in the Pacific waters offshore of Vancouver Island.

 The models suggests that in 30 years, Cesium 137 levels in the whales will exceed the Canadian guideline of 1,000 becquerels per kilogram for consumption of seafood by humans — 10 times the Japanese guideline.

Posted by 大沼安史 at 10:24 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ・グローバル核惨事〕 シャチ(キラー・ホエール)のセシウム137汚染 30年以内に、<1000ベクレル/キロ> の「カナダ政府安全基準」を突破する見通し / カナダ西海岸、サイモン・フレーザー大学の研究チームが食物連鎖濃縮モデルで予測: