« 〔フクイチ核惨事〕 「トモダチ作戦」 洋上被曝の米空母 「ロナルド・レーガン」、2011年3月12日、フクイチの2マイル(3.2キロ)内に接近していた!? 対東電・米水兵集団訴訟、水兵の「撮影写真と証言で判明」!  | トップページ | 〔フクイチ核惨事・開始3周年〕 ◎ K&F Computing Research社のgradi による放射性物質移流拡散シミュレーション ★ 死の灰の「みえない雲」は、こう流れていた! 忘れまじ、原発被曝! 「3・11」はしかし、始まったばかりだ!  »

2014-03-08

〔フクイチ核惨事〕 「3号機は実は、5度、連続爆発していた!」 岩田清さんが解析!   原子炉建屋で、3度の爆発 (それに加えて……)その前と後の2度、3号炉建屋西側の道路反対側にある 「3号稀ガス処理装置建屋」で 爆発 / 3号機建屋の最初の爆発(連続爆発2回目)は「4階北西部に違法備蓄されていたMOX燃料から発したもの」だった!?

 ★ 岩田さんの解析で、フクイチのあの事故が、政府・東電が「主張」するものと、まったく違った様相のものである疑いが、ますます前面に浮上している。

 「フクイチ核惨事・事故スタート3周年」――独立した専門家チームによる、徹底した再検証が求められている。

               

              #

 ★ 岩田清さんはこう指摘している。

            *

* 3号原子炉建屋から発した3度も、詳細に記せば、

    1度目は、3号原子炉建屋4階北西部に違法備蓄されて居た「MOX燃料」から発して居ます。

   2度目は、1度目の爆発に誘引されて起きた、東電の「水素爆発」=ガンダーセンさんの「即発臨界爆発」=イアン・ゴダードさんの「水蒸気爆発」に相当する爆発です。

   3度目は、原子炉圧力容器が砲身の役割を果した、長崎型原爆と同様の核爆発です。

 此の3度の爆発のどれかに、3号タービン建屋の屋上に大穴を開けた爆発が連動して居ます。

            *

 * 冒頭の『ノイズだ。』と聴き間違えて居た音声は、3号炉建屋西側の道路の反対側の「3号稀ガス処理装置建屋」屋上の設備から発して居ます。

  ★は大沼 ◎画像・音声つき ⇒ http://yoshi-tex.com/Fuku1/-%2011-03-14-11-00.htm

Posted by 大沼安史 at 09:32 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ核惨事〕 「3号機は実は、5度、連続爆発していた!」 岩田清さんが解析!   原子炉建屋で、3度の爆発 (それに加えて……)その前と後の2度、3号炉建屋西側の道路反対側にある 「3号稀ガス処理装置建屋」で 爆発 / 3号機建屋の最初の爆発(連続爆発2回目)は「4階北西部に違法備蓄されていたMOX燃料から発したもの」だった!?: