« 〔フクイチ核惨事〕 「3・11の、あの雪とともに、日本の核の冬は始まった(The 3/11 snowfall was the beginning of Japan’s nuclear winter.)」  ―― ★ 「シアトル・ウイークリー」のアンダーソン記者の言葉は、未来の黙示録ではない。フクシマによる日本の悲劇を、いまここで、明示する言葉である。 | トップページ | <電磁波ニュース> 「 『脳制御』は我々の機密プロジェクト」 中国軍首脳、劉源上将(政治委員)が言明 ★ オーストラリア留学時代に「被害」を受け、「電磁波攻撃」と闘う「ピース・ピンク」国際キャンペーンを開始した、中国人女性、リウさんの告発を裏付け! »

2014-03-14

〔だから あじさいの国へ〕 日本の原子力開発に携わって来た「日本政府高官」が、「日本は1980年代から、核兵器開発能力を保持している」と明言!/ 米NBC放送が報道 /「プルトニム増殖炉・ウラン濃縮プラント建設で核兵器製造能力を入手」 結果的に日本、「地下室に核爆弾を隠している(Nuclear“bomb in the basement”)」状況に  / プルトニウム「6ヵ月の工程で核爆弾化」/ 米専門家、「日本のタカ派は核兵器を愛している」と指摘!

 ★ 日本の「潜在核武装」の実態、米3大ネットワークの「3・11 3周年・特集報道」で明るみに!

 ★は大沼 ■ NBC(11日付け ロバート・ウィンドレム記者) ◎ Japan Has Nuclear 'Bomb in the Basement,' and China Isn't Happy
 ⇒ http://www.nbcnews.com/storyline/fukushima-anniversary/japan-has-nuclear-bomb-basement-china-isnt-happy-n48976

 ★ このNBCの調査報道でもうひとつ、注目されるのは、中国政府がこの「日本の地下室にある核爆弾」について、(とくに)第2次安倍政権のスタート後、強い懸念を表明していたことだ。(昨年2月の新華社電で、米国が実験用に貸与していたプルトニウムの返還を求める)

 先のオバマ政権の、安倍政権に対するプルトニウム返還要求は、こうした中国側の懸念にこたえたものだけでなく、米国として、安倍政権が公然と「核武装」に踏み切ることに釘を刺したもののように、わたしには思える。

 さて、NBCの調査報道は、こうした「地下室の核爆弾」が、実際の製造に至らなくても、中国に対する「核抑止力戦略」として機能した、と皮肉な見方を示しているが、――

 Still, even without a bomb, Japan has achieved a level of nuclear deterrence without building a bomb and suffering sanctions. That may be a more impressive achievement than actually building a bomb.

 ――それについてさらに言えば、わたしはフクイチ原発事故で、(悲しいことに)日本の核抑止力は究極レベルまで向上した、と考わざるを得ない。

 かりにいま日本を軍事的(あるいは経済的)に攻撃したとしても、フクイチ核惨事のさらなる暴走と、列島各地の原発の時限爆弾化を結果するだけで、そのことによる全地球規模の「日の丸放射能汚染」が攻撃側に返ってゆくだけのことである。

 日本はいま、フクイチ核惨事を起こしたことで、列島全体が、全人類を亡ぼし得る「潜在的原発核大国」(大気・海洋汚染をまきちらし続けている意味では顕在的な)と化しているのだ。

 日本が国際社会で生き残りを図るなら、「脱原発」「脱プルトニウム」で「地下の核爆弾」を“完全撤去”し、その一方で「フクイチ封じ込め」に全力を挙げる!

 わたしはこれしか――この「あじさい革命」の道しか、わたしたち日本の生きる道はない、と思っている。

 (★ 粗い議論で申しわけありません。時間のあるときに、あらためて、また)

        # 

 ■ NBCの報道の関係個所は以下の通り。

 * But according to a senior Japanese government official deeply involved in the country’s nuclear energy program, Japan has been able to build nuclear weapons ever since it launched a plutonium breeder reactor and a uranium enrichment plant 30 years ago.

 “Japan already has the technical capability, and has had it since the 1980s,” said the official. He said that once Japan had more than five to 10 kilograms of plutonium, the amount needed for a single weapon, it had “already gone over the threshold,” and had a nuclear deterrent.

 * Technical ability doesn’t equate to a bomb, but experts suggest getting from raw plutonium to a nuclear weapon could take as little as six months after the political decision to go forward. A senior U.S. official familiar with Japanese nuclear strategy said the six-month figure for a country with Japan’s advanced nuclear engineering infrastructure was not out of the ballpark, and no expert gave an estimate of more than two years.

 * Many experts now see statements by Japanese politicians about the potential military use of the nation’s nuclear stores as part of the “bomb in the basement” strategy, at least as much about celebrating Japan’s abilities and keeping its neighbors guessing as actually building weapons.

 *  “The hawks love nuclear weapons, so they like the nuclear power program as the best they can do,” said Jeffrey Lewis, director of the East Asia Non-Proliferation Program at the Monterey Institute of International Studies in California. “They don’t want to give up the idea they have, to use it as a deterrent.”

Posted by 大沼安史 at 11:01 午前 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/59289984

この記事へのトラックバック一覧です: 〔だから あじさいの国へ〕 日本の原子力開発に携わって来た「日本政府高官」が、「日本は1980年代から、核兵器開発能力を保持している」と明言!/ 米NBC放送が報道 /「プルトニム増殖炉・ウラン濃縮プラント建設で核兵器製造能力を入手」 結果的に日本、「地下室に核爆弾を隠している(Nuclear“bomb in the basement”)」状況に  / プルトニウム「6ヵ月の工程で核爆弾化」/ 米専門家、「日本のタカ派は核兵器を愛している」と指摘!: