« 〔さあ あじさいの国へ〕 「この美しい小さな星を守り通し、子孫に手渡せるよう、力を合わせていこうではありませんか」 フクシマのあらお・しゅんすけさん(二本松市在住)の 「3・11メッセージ」(英文) が世界拡散開始 | トップページ | 〔フクイチ核惨事〕 「3・11の、あの雪とともに、日本の核の冬は始まった(The 3/11 snowfall was the beginning of Japan’s nuclear winter.)」  ―― ★ 「シアトル・ウイークリー」のアンダーソン記者の言葉は、未来の黙示録ではない。フクシマによる日本の悲劇を、いまここで、明示する言葉である。 »

2014-03-14

〔フクイチ核惨事〕 グンダーセンさんが放射能大放出開始3周年であらためて警告 : 溶融核燃が地下水脈で拡散、死の灰汚染地下水で「放射能湖(a radioactive lake)」がフクイチの地下に生まれて行く /  死の灰汚染水の太平洋への流出、「100年間継続」! 「廃炉除染終了はおそらく1世紀後に持ち越し」

 ★ なぜ、こういうことになってしまったか?

 この問いにグンダーセンさんは、こう自答している。

 それは日本政府が東電とその金銭的な利益と原子力産業の狙いを守ることを選択したためだ――と。
 It happened because the Japanese government chose to protect Tepco, its financial interest and the goals of the nuclear power industry.

 こういうありさまの中で、どんな悲劇が起きているか?

 グンダーセンさんは4つの自問に、共通する答えを返している。

 除染は完璧か? 人々、とくに子どもたちは安全か? 避難した人たちは帰ることができれているのか? 海は安全か?

 4問に共通する答えは「NO」である。
 
 Is most of the cleanup complete? Are the people of Japan, especially the children, OK? Are the Japanese evacuees returning home? And, are the oceans OK? Sadly the answers are no.

 ★は大沼 ◎ エネニュース ⇒ http://enenews.com/gundersen-fukushima-wil-lbe-bleeding-into-pacific-for-next-100-years-such-a-worldwide-catastrophe-molten-cores-being-released-into-groundwater-and-moving-off-site-radioactive-lake-develo

Posted by 大沼安史 at 09:35 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ核惨事〕 グンダーセンさんが放射能大放出開始3周年であらためて警告 : 溶融核燃が地下水脈で拡散、死の灰汚染地下水で「放射能湖(a radioactive lake)」がフクイチの地下に生まれて行く /  死の灰汚染水の太平洋への流出、「100年間継続」! 「廃炉除染終了はおそらく1世紀後に持ち越し」: