« 〔(再掲)☆☆☆ いのちのフクシマNEWS〕 3・11後、実に4回にわたって来日し、大波地区などで、除染・実証デモンストレーションを行なった、米国の「パワー・プラス」社(カリフォルニア州アナハイム)が、その成果をもとに、日本政府に対して同社の除染技術を採用するよう、アピール! 185cpm を 38cpm(0.21マイクロシーベルト/時)まで除染! 除染費用も表面が固いものなら、日本政府の除染費の、わずか1.5%に――軟表面でも6%に抑えることができる!  | トップページ | 〔いのちのフクシマNEWS〕 竹野内真理さんに対する刑事告訴問題 世界拡散開始! "Save Kids Japan" Attacked in Legal System / NukeFree.org が速報! »

2014-02-05

〔太平洋・死の灰・汚染〕 フクイチ発の海洋放射能 (Seaborne radiation)、ことし、米西海岸を直撃! 地元の不安、高まる ★ こういう状況なのに、日本政府・東電は「原発地下水」を太平洋に放出する計画だ。地下水バイパス用の井戸からは、トリチウムだけみても、昨年、最大1リットル当たり1000ベクレルのトリチウムが検出され、1月30日現在でも、同860ベクレルもが検出されているというのに!

 ★は大沼 ◎ シドニー・モーニング・ヘラルド紙 (5日付け)(ブルームバーグ配信記事)Fukushima wash-up to hit US coast this year
 ⇒ http://www.smh.com.au/world/fukushima-washup-to-hit-us-coast-this-year-20140205-hvb7r.html

 Seaborne radiation from Japan's wrecked Fukushima nuclear plant will wash up on the West Coast of the US this year

 ◎ 上記、ブルームバーグ配信記事の日本語版 ⇒ http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N0G8OW6KLVS301.html

 ◎ (関連)■ <原発地下水の海洋放出「一定の理解得た」 経産相>
            日経新聞(4日付け) ⇒ http://www.nikkei.com/article/DGXNASGC04001_U4A200C1EB1000/ 

 Read more: http://www.smh.com.au/world/fukushima-washup-to-hit-us-coast-this-year-20140205-hvb7r.html#ixzz2sP4Aa4zY

    ■ <福島第1原発:地下水…原子炉建屋以前でくみ海に放出計画>
            毎日新聞(4日付け)⇒ http://mainichi.jp/feature/20110311/news/20140204k0000m040157000c.html

         #

 ★ 原発地下水の太平洋放出について、毎日は以下のように報じている。

         +
 東京電力福島第1原発の汚染水対策で、経済産業省は3日、地下水が原子炉建屋に流れ込む前にくみ上げて海へ放出する「地下水バイパス」計画の運用方針案を公表した。放出する水質について、放射性物質の濃度が通常原発で適用されている法令基準の約2割と厳格化した。

 全国漁業協同組合連合会の岸宏会長は記者団に「計画の必要性は認識しているが、国が内外にデータを開示し、風評被害対策を取るよう要請した。その対応を見極めた上で判断したい」と述べ、即答を避けた。

 目標値はセシウム134、同137が1リットル当たり各1ベクレル、ストロンチウム90などベータ線を出す放射性物質の総量(全ベータ)が同5ベクレル、トリチウムが同1500ベクレル。この目標値は法令基準の約2割で、毎日水を2リットルずつ飲んでも年間の被ばく量は0.22ミリシーベルトで健康には影響ないとしている。

 地下水を貯留タンク9基に一時保管して目標値の達成を確認後、放出する。超過の場合は放出を止め、地元の不安が強い全ベータが同1ベクレル未満に浄化後に放出を再開する。

 汚染水は、山側から1日400トンの地下水が建屋に流入することで発生している。計画では、山側の12本の井戸からくみ上げ、流入量を最大290トンに抑える。計画は昨年5月に東電が福島県漁連に示したが、相次ぐ汚染水漏れなどで理解を得られていない。

 地下水バイパス用の井戸からは昨年、最大1リットル当たり1000ベクレルのトリチウムが検出された。1月30日現在では同860ベクレルとなっている。

 ◇トラブルで信頼失った東電…漁業者に丁寧な説明を
 
 地下水が原子炉建屋に流入する前にくみ上げる「地下水バイパス」が昨年、実施できなかった理由は、廃炉作業でトラブルが多発し、東京電力に対する信頼を失ったことが大きい。漁業者の理解を得るには、計画に対する丁寧な説明と、具体的な風評被害対策が不可欠だが、廃炉作業を着実にこなすことも重要だ。

 東電は昨年3月、地下水バイパスの設備を完成し、同5月、稼働に向けて地元漁協と協議に入った。だが、その前後から地下貯水槽や貯蔵タンクからの汚染水漏れ、作業ミスによる各種装置の停止などトラブルが相次いだ。地元漁協は、こうした状況で地下水バイパスが実施されると、水産資源への風評被害が避けられないとして反発、計画は頓挫した。

 汚染水を保管する貯蔵タンクの容量や設置場所が限られる中、地下水バイパスを使えば汚染水の発生を1日100トン程度抑えられる可能性がある。東電は3日の記者会見で「非常に重要な対策」と理解を求めたが、日ごろから他の作業を含め一層の説明責任を果たすことが求められる。

Posted by 大沼安史 at 09:54 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔太平洋・死の灰・汚染〕 フクイチ発の海洋放射能 (Seaborne radiation)、ことし、米西海岸を直撃! 地元の不安、高まる ★ こういう状況なのに、日本政府・東電は「原発地下水」を太平洋に放出する計画だ。地下水バイパス用の井戸からは、トリチウムだけみても、昨年、最大1リットル当たり1000ベクレルのトリチウムが検出され、1月30日現在でも、同860ベクレルもが検出されているというのに!: