« 〔フクイチ核惨事〕 2011年3月24日(米東部時間)、米連邦議会が「東京の水道水の放射性ヨウ素汚染」を懸念し、米原子力規制委員会(NRC)に回答を要求 NRC側、「飲用可」と報じられてはいるが、「量的な原因分析はなし」、「飲用可」であるとしたら、ヨウ素(半減期=8日)の崩壊、あるいは/そして 雨水希釈によるものとみられる、と回答 / 情報公開された「NRC・フクイチメール・資料」で判明 | トップページ | 〔いのちのフクシマNEWS〕 竹野内真理さんに対する刑事告訴問題 : 竹野内さん、IWJのインタビューに応え、英語でも、自らの意見・見解を、全世界に向けて表明 / IWJの岩上さん、告訴した、「福島エートス」の安東量子氏に対して、インタビュー取材を申し入れ! »

2014-02-24

〔フクイチ核惨事〕 自衛隊統合幕僚監部が米軍に――なんと、放射能防護服、線量計、呼吸器などの機材支援と放射能防護のテクニシャン(軍人・民間人)提供を要請! 2011年3月24日付け、米空軍横田基地司令あて、防衛省発のメモランダム・メールで判明! / 「無償で」と念押しも!/「米国で情報公開された「NRC・フクイチメール・資料」で明るみに/ ★ 防護服や線量計さえも、「核惨事有事」に向け、(十分)備蓄していなかった、日本の自衛隊の「放射能丸腰」ぶりが表面化した?!

 ◎ 開示資料の202頁を参照 ⇒ http://pbadupws.nrc.gov/docs/ML1401/ML14015A439.pdf

Dsc07949_convert_20140224161534_2

 ★ ヒロナカ・マサノリ氏によるメモは、その第3項で、

 放射線防護服・同資材、放射能測定機、線量計、呼吸器に加え、

 放射能防護のテクニシャン(軍人・民間人)

 ――の提供さえも要請している。

 なお「無償で」の確認は、第6項目で。

 

Posted by 大沼安史 at 04:18 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ核惨事〕 自衛隊統合幕僚監部が米軍に――なんと、放射能防護服、線量計、呼吸器などの機材支援と放射能防護のテクニシャン(軍人・民間人)提供を要請! 2011年3月24日付け、米空軍横田基地司令あて、防衛省発のメモランダム・メールで判明! / 「無償で」と念押しも!/「米国で情報公開された「NRC・フクイチメール・資料」で明るみに/ ★ 防護服や線量計さえも、「核惨事有事」に向け、(十分)備蓄していなかった、日本の自衛隊の「放射能丸腰」ぶりが表面化した?!: