« 〔フクイチ核惨事〕 ★ 4号機 「DSプール」から、「象の足(チェルノブイリでもみられた溶融核燃?)」溶融物が、破壊された建屋北壁から、溶岩のように(酸化して金色に変化し)建屋外へはみ出し! 映像で確認! 「使用済み核燃プール」だけでなく、DSプールにも核燃――もしくは核物質を貯蔵の疑い! DSプールだけでなく、炉心にも核燃があった疑いも浮上! | トップページ | 〔いのちのフクシマNEWS〕 <安倍首相が郡山市で街頭演説中、抗議のプラカード掲げたこの女性は、こう言わはったらしい。…………こっちはひとりで、必死で、守らなあかん命のために、訴えてるんや! 怒り、悔しさ、悲しさ、子を守りたいという本能が、くっきりと浮き出た彼女の目は、一心にわたしらに向けられてる。わたしに続け! わたしに続け! わたしに続け!> »

2014-02-14

〔いのちのフクシマNEWS〕 フクイチ核惨事後2ヵ月間の放射性物質の放出による、日本の「IAEA基準汚染国土面積=およそ<3万4000平方キロ(超)>」(940万人居住)の推定根拠のひとつ、放射性ヨウ素の放出量の推定は低過ぎ! / 5倍放出とする研究で、人口密集地を含む<5万6000平方キロ>が「汚染」された、との評価も! 欧州連合(EU)による研究費支援報告が指摘!

 ★は大沼 ◎ エネニュース ⇒ http://enenews.com/eu-funded-study-56000-square-km-japan-potentially-contaminated-fukushima-releases-home-43-million-people

★ 研究報告のタイトルは「フクイチ事故放出核物質の大気拡散・沈着をモデル化( Modelling the global atmospheric transport and deposition of radionuclides from the Fukushima Dai-ichi nuclear accident)」。
 ニコシア研と、マックス・プランク化学研の研究者〔T. Christoudias(The Cyprus Institute, Nicosia, Cyprus)、J. Lelieveld(Max Planck Institute of Chemistry, Mainz, Germany)〕による2012年発表論文。
 以下を参照 ⇒ 
  http://ec.europa.eu/environment/integration/research/newsalert/pdf/310na3.pdf
   http://www.atmos-chem-phys-discuss.net/12/24531/2012/acpd-12-24531-2012.html

 この研究では、フクイチ発の放射性ヨウ素の2.8%が、EU圏内に届いたと弾き出してもいる。

 ところで、上記のIAEAによる「汚染地」の基準は、40キロベクレル/m²(40 kilobecquerels per m²)以上。

 福島県の全面積は1万3783平方Mだから、上記<3万4000平方キロ(超)>は、ざっと福島県の2・5倍の広さ。

 <5万6000平方キロ>となると、福島県4県分が、フクイチ事故2ヵ月間放出の放射能(だけ)で、「汚染」されてしまったことになる。

 福島県は北海道。岩手県に次ぎ、全国3位の広大な面積を誇る県!

 その4倍もの、日本の国土が「死の灰」に汚れてしまっただ、なんて!

     #

 The EU-funded study modelled the global spread of radionuclides of caesium and iodine from Fukushima [...] between March and May 2011 [...] It focused on radionuclides that were emitted as gases [...] The International Atomic Energy Agency defines ’contamination’ as the presence of a radioactive substance in quantities more than 40 kilobecquerels per m². [...] land area affected by radioactivity from both types of radionuclides above this threshold is approximately 34,000 km² of Japan, inhabited by around 9.4 million people. However, the estimate used for the iodine radionuclide emissions from the incident is considered to be an underestimate. A separate calculation which assumed source emissions that were five times greater, suggested that a relatively large and densely populated part of Japan – 56,000 km² [21,622 square miles] – would be classified as contaminated. [...] It should be emphasised that this refers to two radionuclides only, whereas additional ones are unaccounted for due to a lack of measurements.

Posted by 大沼安史 at 12:41 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔いのちのフクシマNEWS〕 フクイチ核惨事後2ヵ月間の放射性物質の放出による、日本の「IAEA基準汚染国土面積=およそ<3万4000平方キロ(超)>」(940万人居住)の推定根拠のひとつ、放射性ヨウ素の放出量の推定は低過ぎ! / 5倍放出とする研究で、人口密集地を含む<5万6000平方キロ>が「汚染」された、との評価も! 欧州連合(EU)による研究費支援報告が指摘!: