« 〔いのちのフクシマNEWS〕 竹野内真理さんに対する刑事告訴問題 : 竹野内さん、IWJのインタビューに応え、英語でも、自らの意見・見解を、全世界に向けて表明 / IWJの岩上さん、告訴した、「福島エートス」の安東量子氏に対して、インタビュー取材を申し入れ! | トップページ | 〔だから あじさいの国へ〕 NHK経営委・議事録は「疑似録」?!/ 籾井会長就任記者会見問題に関する議論――誰の発言かわからない、箇条書きの「主な意見」の列記も!! / たとえば「個人的見解の中身については、経営委員会で取り上げるべきテーマではない」と、経営委員の一人はいったというが、この「議論封じ」発言を誰が言ったか(したか)は、書かれていない。 »

2014-02-24

〔フクイチ核惨事〕 米当局者が、東電のいう「高さ14メートルの大津波」に、疑問を提起していた! : USGS(米国地質調査所)の計算では、波高は約30フィート(9.1メートル)! USGSの解析モデルは優れたものなのに――。「わたしは何かを、見落としているのだろうか?」/ 情報公開された「NRCフクイチ関連メール」で明るみに! ★ 東電とUSGSの、この5m以上の開きは何だ!

 ★は大沼 ◎ 左のPDF文書の5頁を参照 ⇒ http://pbadupws.nrc.gov/docs/ML1401/ML14015A439.pdf 

 ★ この<「5m」以上の差>に、「地震」による破壊の事実を隠蔽し、「想定外」の「大津波」原因説で逃げきろうとする、政府・東電の意図が潜んでいるような気がする。

  米当局者が身落としていたものがあるとすれば、それはたぶん、日本政府・東電の「大津波フレームアップ工作」である?!

 「3・11」3周年。「フクイチ核惨事」の徹底した再検証が求められる。

 ★ 2011年3月24日のブライアン・シェロンさんのメール。原文、以下の通り。

          *
 

 I am seeing a spectrum of tsunami wave heights that reportedly hit the Fukushima plant. I saw in one of your briefing packages that was a USGS calculation that showed the peak wave height at about 30 feet.

  I saw some slides from TEPCO yesterday that said the tsunami wave height at the plant was "more than 10 meters".

  In today's "Nucleonics Week" on page 11 it says "Tepco discovered by checking the walls of Fukushima 1 .... and the nearby Fukushima 2 ..... March 21 that the tsunamis had reached higher than 14 meters (about 46 feet) above sea level...."

  It then said the design basis for Fukushima 1 &2 was 5.7 and 5.2 meters respectively.

  Without any accurate measurements, are we limited to educated guesses and expert judgment?

  I think one question we will be asked is how well can we predict a tsunami wave height? I seem to recall you said the USGS calculations (wave height versus time at variouslocations) were probably pretty good because they had a well validated model. However, it would now appear they significantly under-predicted the wave height.

  Am I missing something?

                   *

  ★ なお、東電の主張に沿った「 津波の高さ」についての報道は、たとえばこの読売新聞(2011年4月10日)の記事を参照 (太字強調は大沼) 
 ⇒ http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866921/news/20110409-OYT1T00724.htm

 ……津波の海面からの高さは最大14~15メートルだった。

 最大の津波は、海面からの高さが5・7メートルの津波を想定して造られた防波堤を越え、取水口近くの海水ポンプなどをのみ込んだ。その後、海面から10メートルの敷地を越えてタービン建屋を襲い扉が完全に水没。さらに海水は、山側にある原子炉建屋の方に回り込んだ。5、6号機は敷地の高さが13メートルあり、浸水は1~2メートルだった。――

 ――海面から10mの台地にあるタービン建屋を、「9m」の津波が襲った……では、ツジツマが合わない(お話にならない)、と東電は思ったのかも知れない。「14~15mの大津波」であれば…………と。???

Posted by 大沼安史 at 10:13 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ核惨事〕 米当局者が、東電のいう「高さ14メートルの大津波」に、疑問を提起していた! : USGS(米国地質調査所)の計算では、波高は約30フィート(9.1メートル)! USGSの解析モデルは優れたものなのに――。「わたしは何かを、見落としているのだろうか?」/ 情報公開された「NRCフクイチ関連メール」で明るみに! ★ 東電とUSGSの、この5m以上の開きは何だ!: