« 〔トモダチ作戦・洋上被曝・対東電10億ドル損害賠償集団訴訟〕 原告団のチャールズ・ボナー弁護士は言った。(フクイチ放出放射能は)「全地球を汚染し、被曝者の子孫まで遺伝障害を遺してゆく」/「東電は連日、300トンもの汚染水放出を継続」/「これは東電に対するだけのものではなく、原子力産業全体に対する裁判だ」 | トップページ | 〔竹野内真理さんを守れ!〕 「アヴァーズ」(声)が世界規模で、福島地検いわき支部あて、ネット緊急署名活動を開始! »

2014-02-15

〔だから あじさいの国へ〕 「わたしは〔被曝症状の出ている東京の〕患者たちに、より安全な場所に移ってほしいと思っている」「東京で生活しているすべての人々に対して、年に1~2ヵ月、より安全が場所で暮らすよう、強くお勧めする」 被曝治療と取り組んで来た東京・小平市の医師、三田茂さん((三田医院院長)に対するオーストラリア人ジャーナリスト、ネルソン・グルームさんのインタビュー記事(英文)が世界拡散開始!

 ★ 隠蔽された――アンダーコントロールされた東京の苛酷な現実が、世界に知れ渡ろうとしている。健康と美の祭典、東京オリンピックを開く前に、被曝地TOKYOのいのちを守る対策をとるべきである!

             ▲

 * 血液に好中球(neutrophils)のない赤ちゃんがいた。東京から北九州に転居したあと回復した。

  * 幼稚園児など子どもたちに白血球の異常、好中球の減少が見られる。

 * 日本のメディアははっきり目を背けている。権力を持つ少数の側に立っている。

 * 全ての食品を徹底して検査し、せめて子どもたちだけでも救わなければならない。。

 
 ★は大沼 ◎ ⇒ http://nsgroom.wordpress.com/2014/02/14/vice-a-japanese-physician-is-encouraging-the-evacuation-of-tokyo/ 
 ◎ エネニュース ⇒ http://enenews.com/japan-physician-parents-should-evacuate-children-from-tokyo-danger-from-fukushima-radioactivity-the-threat-has-seemed-to-be-spreading-ive-seen-a-lot-of-patients-who-are-badly-af

         #

<Q: What do you think is the best plan for people living in Japan?>

A: I can think only about the area around Tokyo. I worry about the children, their parents, and the children who will be born in the future. I want the patients to move to the safer place, but most people don’t want to move. I strongly recommend that anyone living in the area head to a safer place one or two months out of the year. I encourage everyone living in Tokyo to take blood tests as frequently as possible. In the meantime, there’s nothing I can do but support the patients on a private-sector level.

         #

<The Threat>

 I’ve mostly tested patients living in Tokyo, and I’ve found a lot of harmful symptoms in children, especially in kindergarten students or elementary school [...] serious effects in the elderly. There have been abnormalities in their differential white-blood-cell count [...] decline in the neutrophil [...] I conducted the first tests in December 2011 [...] the threat has seemed to be spreading into Tokyo since then.
         #

<The ‘Cure’>

 There was a baby with a serious illness. [...] she had no neutrophils. [...] Thankfully, she recovered after moving to the Kyushu area. [...] there aren’t any medicines to help [...] I’ve seen a lot of patients from Tokyo who are badly affected, but when they move [...] they get better. After they come back to Tokyo, it gets worse again

<The Media>

 They are definitely not focusing on this particular concern. I believe the Japanese media have taken side with a small number of powerful people.

<The Food> 

 In Japan, commercial distribution is prosperous, so some of the contaminated food is definitely coming to Tokyo. [...] we should be testing everything thoroughly, and that at least children should be spared [...]

Posted by 大沼安史 at 11:54 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔だから あじさいの国へ〕 「わたしは〔被曝症状の出ている東京の〕患者たちに、より安全な場所に移ってほしいと思っている」「東京で生活しているすべての人々に対して、年に1~2ヵ月、より安全が場所で暮らすよう、強くお勧めする」 被曝治療と取り組んで来た東京・小平市の医師、三田茂さん((三田医院院長)に対するオーストラリア人ジャーナリスト、ネルソン・グルームさんのインタビュー記事(英文)が世界拡散開始!: