« 〔フクイチ核惨事〕 読売取材団が4号機立ち入り / 4号機 爆発による「爆風は格納容器の扉から内側まで及ん」でいた。(取材団が)4号機の格納容器内に入ると、「配管や壁が無残に壊れ、資材などが散乱していた」。 | トップページ | 〔いのちのフクシマNEWS〕 フクイチ核惨事後2ヵ月間の放射性物質の放出による、日本の「IAEA基準汚染国土面積=およそ<3万4000平方キロ(超)>」(940万人居住)の推定根拠のひとつ、放射性ヨウ素の放出量の推定は低過ぎ! / 5倍放出とする研究で、人口密集地を含む<5万6000平方キロ>が「汚染」された、との評価も! 欧州連合(EU)による研究費支援報告が指摘! »

2014-02-14

〔フクイチ核惨事〕 ★ 4号機 「DSプール」から、「象の足(チェルノブイリでもみられた溶融核燃?)」溶融物が、破壊された建屋北壁から、溶岩のように(酸化して金色に変化し)建屋外へはみ出し! 映像で確認! 「使用済み核燃プール」だけでなく、DSプールにも核燃――もしくは核物質を貯蔵の疑い! DSプールだけでなく、炉心にも核燃があった疑いも浮上!

 ★は大沼 ◎ Jonny Raydenさんによるユーチューブ映像分析ビデオ(日本語字幕付き――多謝!)は 
 ⇒  http://www.youtube.com/watch?v=HwRxMar79vw#t=12

08034

 ★ 映像解析でequipment poolと言っているのは、DSプールのことだ。

 東電は4号機は定期点検中で、炉心の核燃はすべて、(南側)の使用済み核燃プールに移していたといっている。

 4号機のDSプールは事故当時、水が張られており、この水が使用済み燃料プールに流れ込んだことによって、水位がかろうじて保たれ、その後の海水の注水によって最悪の事態を回避することができた、とされている。

 炉心の核燃問題はさておき、かりにこのDSプールに核物質が貯蔵されていたとすると、次のような仮説も考えられよう。

 DSプールが何らかのショックで崩壊し、中にあった核物質がメルトアウトして、「象の足」(右の写真 ⇒ )化し、建屋の外にこぼれ出した、と。

Elephantsfoot600x393

 DSプールの崩壊は、火災が原因かもしれないし、爆発によるものかも知れない。

 しかし、いずれにせよ、DSプールからの「象の足」せり出しが映像でもって確認されたことは、フクイチ「事故」の全面的な再検証を迫るもの、と言える。

 それにしても、DSプールに核物質があったとして、それはいったい、何だったのか? 何のためのものだったか? なぜ、そこにあったのか?

 実は核兵器用のものではなかったのか、という疑惑も指摘されているだけに、この点の早急な確認も求められるところだ。

  ◎ 4号機DSプールについては、朝日新聞の奥山俊宏さんの以下の解説記事と図解が参考になる 
 ⇒ http://judiciary.asahi.com/articles/2012030800001.html

Posted by 大沼安史 at 11:28 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ核惨事〕 ★ 4号機 「DSプール」から、「象の足(チェルノブイリでもみられた溶融核燃?)」溶融物が、破壊された建屋北壁から、溶岩のように(酸化して金色に変化し)建屋外へはみ出し! 映像で確認! 「使用済み核燃プール」だけでなく、DSプールにも核燃――もしくは核物質を貯蔵の疑い! DSプールだけでなく、炉心にも核燃があった疑いも浮上!: