« 〔いのちのフクシマNEWS〕 河北新報・連載「福島・松川第1仮設から」/ 仮設住宅の集会場で、1月下旬にあったスコップ三味線教室。参加者たちはスコップを膝に抱え、右手に握る栓抜きで金属の刃をたたく。チンチンカンカン。流れるCDの演歌に乗って合奏が盛り上がる。自治会長の木幡一郎さん(77)が満面の笑みで言う。「うまい! みんなで『桜まつり』に出ような」 | トップページ | 〔だから あじさいの国へ〕 世界的経済権威紙、フィナンシャル・タイムズが「判定」!―― アベノミクスの「矢」、的にあたらず / 「息切れ」明らか / 最近、安倍首相は国家主義の課題によりご執心のようだ  »

2014-02-25

〔フクイチ核惨事〕 2011年3月15日午前9時38分 「4号機で火災発生」――その直後に、東電、なんと東京の米国大使館に、直接、SOSコール! 「核燃料、そして/あるいは油が燃えている」「消防車、ヘリで消火してください!」 / 情報公開された「NRCフクイチ・メール」で明らかに ★ これは日本政府の頭越しに東電が行なった「越権行為」だが、当時はそうせざるを得ないほど、日本政府そのものの「脳死」が進行していたのだろう! 

1352bddb10c_2

 ★ 米大使館に電話で救援を求めたのは、東電のカタノ(Katano)氏だ。

 それを受けた、大使館員(防衛スタッフ)が本国あて、緊急メールを発していた。

 それにしても、東電が、日本政府の頭越しに米大使館を通じ、米政府にSOSを発していただなんて! 

 東電としても、日本の政府に言っても、まともに動いてくれないので、やむをえず、米大使館に電話をかけたのだろう。

 ここで問題とすべきは――東電の「越権行為」よりもむしろ、当時、東電が「核燃料/油」が火災を起こしている、と認識していたことである。

 そして、それがどこにあった「核燃料(Nuclear Fuel)」であるか、ということである。

 わたしは、4号機の「使用済み核燃プール」の水位が辛うじて保たれていた事実からして、ここで言っている「核燃料」とは、「使用済み核燃プール」の外にあったものに違いない。

 では、どこに?

 考えられるのは(定期点検中の)「炉心」と(水が抜けた)「DSプール」の2ヵ所である。

 「炉心」あるいは/および「DSプール」には、なかったはずの「核燃」があったのではないか?

 だから、その溶融、あるいは爆発を恐れ、東電は大慌てで、米大使館へ電話をかけ、救いを求めたのではなかったのか?

 フクイチ事故の全面的な再検証は、この「4号機」問題ひとつとっても、必要なことである。

 ★は大沼 ◎ ⇒ http://ja.scribd.com/doc/192131259/March-14th-2011-TEPCO-Requests-US-Embassy-Help-Extinguish-Fire-at-Unit-4-Pages-From-C146301-02X-Group-DK-18

◎ (関連・参考) 自衛隊もこんなありさまだった!
 
 <自衛隊統合幕僚監部が米軍に――なんと、放射能防護服、線量計、呼吸器などの機材支援と放射能防護のテクニシャン(軍人・民間人)提供を要請! 2011年3月24日付け、米空軍横田基地司令あて、防衛省発のメモランダム・メールで判明! / 「無償で」と念押しも!/「米国で情報公開された「NRC・フクイチメール・資料」で明るみに/ ★ 防護服や線量計さえも、「核惨事有事」に向け、(十分)備蓄していなかった、日本の自衛隊の「放射能丸腰」ぶりが表面化した?!>
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/02/post-f9af.html                  

Posted by 大沼安史 at 03:15 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ核惨事〕 2011年3月15日午前9時38分 「4号機で火災発生」――その直後に、東電、なんと東京の米国大使館に、直接、SOSコール! 「核燃料、そして/あるいは油が燃えている」「消防車、ヘリで消火してください!」 / 情報公開された「NRCフクイチ・メール」で明らかに ★ これは日本政府の頭越しに東電が行なった「越権行為」だが、当時はそうせざるを得ないほど、日本政府そのものの「脳死」が進行していたのだろう! :