« 〔フクイチ核惨事〕 緑の党が議会多数派を占める米・ハリファクス市(カリフォルニア州)がフクイチ放射能「渡洋被曝」問題で……州や連邦政府に、ではなく国連にアドバイスを求める! ★ 日本の自治体も、被曝隠しの霞が関や永田町の言いなりにならず、国連など中立性の高い機関の意見を聞くべきである! | トップページ | 〔だから あじさいの国へ〕 <田中龍作ジャーナル> 日曜日の銀座、細川さんの応援で、桜井勝延・南相馬市長は言った。「放射能を恐れて物が入って来なくなった時、(細川)佳代子夫人がガソリンや物資を運んでくれた。だから私はここに来ている。細川さんは命の大切さを知っている。脱原発とか甘いことじゃない。棄民化された時、命を守ったことはお金では買えない。一人ひとりを大切にすること。私はそのために、南相馬から、福島から世界を変える」 »

2014-02-03

〔美しい国のNHK会長〕 NHKの籾井勝人会長 31日の衆院予算委で: <就任会見で「政府が右と言うことを左と言うわけにはいかない」と安倍政権寄りの発言をしたことについては、趣旨は否定せず「赤と白と言うべきだった」と述べた。> ★ この答弁もまた、「袖の下のメモ」にもとずくものなのか?

★ 「政府がアカと言うことをシロと言うわけにはいかない」!――なんだか、戦前の特高警察の言い方のように聞こえる!

 今朝の週刊誌の広告に、<やっぱり〝安倍の走狗〟だったNHK籾井会長……」>(週刊ポスト)とあったが、「走狗」とはいま風に言えば、「走るパシリ犬」。

 この「パシリ犬」は、写真のように、「脇も甘い」らしい。 

 

Pk2014020102100038_size0_3

 ★は大沼 ★ 鮮明な写真と記事は ⇒ 

 ◎東京新聞 1日付け

 「慰安婦発言 NHK会長陳謝」

⇒ http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2014020102000117.html

Posted by 大沼安史 at 11:25 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔美しい国のNHK会長〕 NHKの籾井勝人会長 31日の衆院予算委で: <就任会見で「政府が右と言うことを左と言うわけにはいかない」と安倍政権寄りの発言をしたことについては、趣旨は否定せず「赤と白と言うべきだった」と述べた。> ★ この答弁もまた、「袖の下のメモ」にもとずくものなのか?: