« 〔いのちのフクシマNEWS〕 護岸近くの観測用井戸の地下水(昨年7月採取) ストロンチウム90はリットル500万ベクレル 過去最高濃度 全ベータ線核種は推定で1000万ベクレルにも 「東電、測定ミス公表せず」(河北新報)「半年前発表値のなんと10倍増」(エネニュース) ▲ ロシア科学アカデミーのヤブロコフ(Alexey Yablokov)博士が警告、「太平洋で採れた水産物について、ふとつの例外もなく、常時、とても注意深く放射能をコントロールする機関を設立する以外、方策はない」 | トップページ | 〔あじさいのように清楚な彼女たちは言った!〕 舛添候補に投票する男とはSEXしません!/ 女性グループの「セックス・ストライキ(sex strike )」キャンペーンを、ハフィントン・ポストが世界拡散報道! ★ (なんか、ムラムラと……)「舛添に投票する女とセックスしない男達の会」(菅原文太会長? 山本太郎実行委員長?)を旗揚げしたくなってきた!(笑)  »

2014-02-07

〔いのちのフクシマNEWS〕 「トモダチ作戦」の米空母「ロナルド・レーガン」、フクイチ発の放射能雲によるスノー・ストーム(雪嵐)に巻き込まれた可能性! / 被曝水兵らによる対東電訴訟で「ロナルド・レーガン」問題が明らかになれば、日米同盟、そのものに影響も/ 米ジャーナリスト、ピーター・リー氏が指摘

 By Peter Lee/Contamination of USS Ronald Reagan During Fukushima Response Underreported
 6日付け ⇒ http://www.internationalpolicydigest.org/author/peter-lee/

 * But it looks pretty likely that there was contamination, for a key and dire reason: the Reagan had experienced a snow storm while it was near the Fukushima reactor, raising the possibility that the plume of radioactive material, instead of dispersing in the higher atmosphere, had been washed down—and all over the Reagan—by the precipitation. Indeed, a sailor who is suing for health-related issues stated that the snow “tasted metallic.” Not exactly a good sign.

  * Given the stakes involved—not just the $6 billion aircraft carrier and the health of its crew, but also the implications for the Abe government and the US-Japan alliance if the Ronald Reagan story gets out of hand—it will be interesting to see how the media covers this story.

Posted by 大沼安史 at 02:01 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔いのちのフクシマNEWS〕 「トモダチ作戦」の米空母「ロナルド・レーガン」、フクイチ発の放射能雲によるスノー・ストーム(雪嵐)に巻き込まれた可能性! / 被曝水兵らによる対東電訴訟で「ロナルド・レーガン」問題が明らかになれば、日米同盟、そのものに影響も/ 米ジャーナリスト、ピーター・リー氏が指摘: