« 〔いのちのフクシマNEWS〕 英国の脱原発サイトも、刑事告訴された竹野内真理さん支援を呼びかけ! | トップページ | 〔いのちのフクシマNEWS〕 フランス気象庁 フクイチ放射能 太平洋拡散シミュレーション / 3・16には、最高濃度の原子雲(プルーム)、小笠原諸島方面に ★ フクシマ核惨事は福島だけの問題ではなく、地球環境に対する放射能の大放出――すなわち、「母なる太平洋」、「母なる地球」に対する「放射能レイプ」である!  »

2014-02-26

〔いのちのフクシマNEWS〕 福島民友が報道! <最大8億ベクレルの可能性 2013年8月漏えいの汚染水> ★ リットル8億ベクレル、しかも300トン、海へ流出した恐れ これは(すくなくとも)「スリーマイル島」並み、「レベル5」の大事故だ! 制御困難、「フクイチ臨海核火山・メルトダウン・コンプレックス」!

 * 東電が過小評価 ……「ベータ線を出す放射性物質濃度を1リットル当たり8000万ベクレルと公表していたが、実際は最大で約10倍の8億ベクレルに上る可能性も」★ これは少なくとも、「スリーマイル島」並みの「レベル5」の事故ではないか!

 * しかも、「漏えいした汚染水約300トンについて、東電は土壌に染み込んだほか、一部は近くの排水溝から直接海に流れ出たとみている」。

 ★ 福島民友は、この「300トン」もの汚染水漏出について、原子力規制委が「レベル3」(重大な異常事象)と評価している、と指摘しているが、10倍もの高濃度で、それも外部(太平洋)に流出していたのではあれば、すくなくとも、国際原子力事象評価尺度(INS)の「レベル5」(事業所外へのリスクを伴う事故)へ――すなわち、スリーマイル島原発事故、ウィンズケール火災並みのレベルへと、引き上げるべきである。

 「フクイチ臨海核火山・放射能放出・メルトダウン・コンプレックス」はつまり、2013年8月に、「レベル5」以上の核事故を起こしていたわけだ。

 そして今回(20日)の「100」トン!

 これも「レベル5」以上としなければならない、たいへんな環境汚染!

 フクイチではつまり、その後も「レベル5(以上)」の深刻な放射能災害が連続しているわけである。

 ★は大沼 ◎ 25日付け ⇒ http://www.minyu-net.com/news/news/0225/news6.html

Posted by 大沼安史 at 09:20 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔いのちのフクシマNEWS〕 福島民友が報道! <最大8億ベクレルの可能性 2013年8月漏えいの汚染水> ★ リットル8億ベクレル、しかも300トン、海へ流出した恐れ これは(すくなくとも)「スリーマイル島」並み、「レベル5」の大事故だ! 制御困難、「フクイチ臨海核火山・メルトダウン・コンプレックス」!: