« 〔美しい国のNHK会長〕 NHKの籾井勝人会長 31日の衆院予算委で: <就任会見で「政府が右と言うことを左と言うわけにはいかない」と安倍政権寄りの発言をしたことについては、趣旨は否定せず「赤と白と言うべきだった」と述べた。> ★ この答弁もまた、「袖の下のメモ」にもとずくものなのか? | トップページ | 〔そして あじさいの国へ〕 <日刊ゲンダイ> 自民真っ青! 細川陣営に強力「助っ人」吉永小百合が“参戦” »

2014-02-03

〔だから あじさいの国へ〕 <田中龍作ジャーナル> 日曜日の銀座、細川さんの応援で、桜井勝延・南相馬市長は言った。「放射能を恐れて物が入って来なくなった時、(細川)佳代子夫人がガソリンや物資を運んでくれた。だから私はここに来ている。細川さんは命の大切さを知っている。脱原発とか甘いことじゃない。棄民化された時、命を守ったことはお金では買えない。一人ひとりを大切にすること。私はそのために、南相馬から、福島から世界を変える」

D616a6da21895f210a79219d6c0ba141  ★ 桜井市長と細川佳代子夫人の鮮明な写真と記事は ⇒ http://tanakaryusaku.jp/2014/02/0008691

 ★ 田中龍作さんの取材活動支援基金 ⇒ サイトの画面右サイドをごらんになってください!

1d8d9863

Posted by 大沼安史 at 11:28 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔だから あじさいの国へ〕 <田中龍作ジャーナル> 日曜日の銀座、細川さんの応援で、桜井勝延・南相馬市長は言った。「放射能を恐れて物が入って来なくなった時、(細川)佳代子夫人がガソリンや物資を運んでくれた。だから私はここに来ている。細川さんは命の大切さを知っている。脱原発とか甘いことじゃない。棄民化された時、命を守ったことはお金では買えない。一人ひとりを大切にすること。私はそのために、南相馬から、福島から世界を変える」: