« 〔だから あじさいの国へ〕 ニューヨーク・タイムズが社説で全世界に警告:「日本の安倍首相は、憲法改正ではなく、自分自身の憲法解釈で、日本国憲法の〔平和主義の〕礎石(コーナーストーン)を替える、危険なところへ近づいている」/ ★ タイムズ紙は解釈改憲を「法の支配」に反するものと批判し、警鐘を鳴らしている。つまり、タイムズは、憲法解釈で「集団自衛権」を手中に収めようとしている安倍首相を、「法の支配」の破壊者とみなしているわけである。 | トップページ | 〔だから あじさいの国へ〕 韓国検察当局 元「慰安婦」の名誉を棄損した日本人ロックバンド「スクランブル」について、日本の司法当局に司法共助を申し入れ! ★ 「スクランブル」の若者たちよ、光州のオモニたちのところへ謝りに行け! 謝れば許される! 許されたら、こんどは、思いやりの、平和の歌を歌え! »

2014-02-21

〔フクイチ核惨事〕 ニューヨーク・タイムズも報道! / リットル・2億3000万ベクレルのベータ線核種の放射能汚染水、100トンが環境に漏出!  放射性物質の半分は、カルシウムのように人体に取り込まれ、骨癌や白血病を引き起こすストロンチウム90! 

 ★ タイムズは、こうした汚染水が34万トンも、すでにフクイチにはある、と述べ、それが「オリンピック競泳プール135個分以上」だと指摘している。

 この「オリンピック・プール」での換算は、「東京オリンピック」の危うさを、(全世界のタイムズ読者に)想起させるものだ。

 おまけに、こんなフクイチを「完全にアンダーコントロール」と言ったのは、国内外から、頭がメルトダウンしているのじゃないか、と心配されている(とみられる)、アベ首相である!

 東京オリンピックを返上するようなことのないよう、スーパータンカーによる汚染水の運び出し、など、対策を強化すべきである。

 ★は大沼 ⇒ http://www.nytimes.com/2014/02/21/world/asia/worst-spill-in-6-months-at-fukushima.html?_r=0

Posted by 大沼安史 at 12:14 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ核惨事〕 ニューヨーク・タイムズも報道! / リットル・2億3000万ベクレルのベータ線核種の放射能汚染水、100トンが環境に漏出!  放射性物質の半分は、カルシウムのように人体に取り込まれ、骨癌や白血病を引き起こすストロンチウム90! :