« 〔いのちのフクシマNEWS〕 「東京が壊滅する一歩手前だった」 ―― 菅直人さん、26日の衆院予算委員会分科会で  | トップページ | 〔フクイチ臨海核火山〕 トリチウム 「1500ベクレル/リットル」に (して、太平洋の海へ、半永久的に、継続・大放出!) 東電が(勝手に)「新たな排水基準」/ ★ 漁民も、魚たちも、太平洋も、世界も、世界の魚たちも、世界の人たちも、「東電」に<トリチウム垂れ流し基準設定委任状」を与えた覚えはない! »

2014-02-27

〔フクイチ臨海核火山〕 高濃度汚染水大量漏出問題 / 26日の原子力規制委員会 : 委員からは事故が起きたことよりも、事故が起きていることすら気づかず、大幅に対応が遅れたことへの批判が噴出。「あまりにも稚拙で企業の体質、安全管理のあり方など根深い問題がある」 ★ それもそうだが、「レベル6(東海アマさん)」の大事故を――それも連続して起こし、汚染水を大量に環境に放出していることの方が問題だ!

 なんと―― 「水位の警報が鳴っても、わざと警報を切ってさらに処理水を入れることも常態化していた」!

 ★大沼 ◎ 東京新聞 ⇒ http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014022702000147.html

Posted by 大沼安史 at 01:01 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ臨海核火山〕 高濃度汚染水大量漏出問題 / 26日の原子力規制委員会 : 委員からは事故が起きたことよりも、事故が起きていることすら気づかず、大幅に対応が遅れたことへの批判が噴出。「あまりにも稚拙で企業の体質、安全管理のあり方など根深い問題がある」 ★ それもそうだが、「レベル6(東海アマさん)」の大事故を――それも連続して起こし、汚染水を大量に環境に放出していることの方が問題だ!: