« 〔だから あじさいの国へ〕 南京の元・日本軍慰安所の建物を、歴史遺産として保存へ / 2階建て L字形 3500平方m 「アジア最大の慰安所」 | トップページ | 〔フクイチ核惨事〕 テレメンタリー <隠蔽か黙殺か ~封印された汚染マップ~> ★ 米国から伝達されていたAMS(空中測定システム)放射能汚染データを公表せず、隠蔽・黙殺・封印していた日本政府当局者の罪はあまりにも大きい! »

2014-02-28

〔だから あじさいの国へ〕 刑事告発された竹野内真理さんは、フクイチ被曝地の子どもたちの受難だけでなく、「もんじゅ」の事故隠蔽問題について調査を担当し、宿泊先のホテルで変死体で発見された、動燃(動力炉・核燃料開発事業団=現在の日本原子力研究開発機構)の総務部次長、西村成生(しげお)氏の怪死事件も追及していた!

 ★ 東電の女性社員が殺害された、あの不審な事件もそうだが、この国の「原子力」をめぐる闇は深い。
 
 竹野内真理さんが今後、かりに刑事被告人の立場に立たされ、世界の注目を浴びれば、フクイチ被曝地のこどもの受難だけでなく、西村氏の怪死事件もまた、世界的な関心事として浮上するだろう。

 ★は大沼 ◎ ⇒ http://takenouchimari.blogspot.jp/2013/04/blog-post_1741.html
 ◎関連 週刊朝日 ⇒ http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-8534.html

 ★ 本日(28日)付けの朝日新聞、「プロメテウスの罠」<原発のごみ⑱>は、「もんじゅ」について、<すでに霞が関で「アリ地獄」といわれている>と書いている。

 この国の「死の灰アリ地獄」を、一掃すべきときである。
 

Posted by 大沼安史 at 07:48 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔だから あじさいの国へ〕 刑事告発された竹野内真理さんは、フクイチ被曝地の子どもたちの受難だけでなく、「もんじゅ」の事故隠蔽問題について調査を担当し、宿泊先のホテルで変死体で発見された、動燃(動力炉・核燃料開発事業団=現在の日本原子力研究開発機構)の総務部次長、西村成生(しげお)氏の怪死事件も追及していた!: