« 〔いのちのフクシマNEWS〕 ロイターが報道 : 米国のアパタイト(燐灰石=りんかいせき、apatite)を使ったストロンチウム除去技術を試験的に導入へ / 骨の成分に似たミネラル / 米ハンフォード核施設で、汚染水含有ストロンチウムの河川流入阻止で使用中 / 地下水(淡水)ならば90%の除去率。海水汚染水で効くかどうか?!――もポイントだ! | トップページ | 〔フクイチ核惨事〕 緑の党が議会多数派を占める米・ハリファクス市(カリフォルニア州)がフクイチ放射能「渡洋被曝」問題で……州や連邦政府に、ではなく国連にアドバイスを求める! ★ 日本の自治体も、被曝隠しの霞が関や永田町の言いなりにならず、国連など中立性の高い機関の意見を聞くべきである! »

2014-02-03

〔フクイチ核惨事〕 1957年に原子炉事故を起こした英国のセラフィールドから、専門家チームが来日、フクイチ対策を応援・アドバイス! ★ 日本政府や東電に自主解決能力のないことが、ますます明確になって来た! /そのセラフィールドでは1月28日、土壌や岩石からの放射性ガスが噴出、アラームが響き渡り、一般従業員が全員、自宅待機になる事態に!

 ★は大沼 ◎ 英紙テレグラフ (2日付け)UK nuclear experts to help decommision Fukushima
    Engineers from Sellafield to travel to Japan to advise on shutting down the stricken site

 ⇒ http://www.telegraph.co.uk/finance/newsbysector/energy/10613243/UK-nuclear-experts-to-help-decommision-Fukushima.html  

  ……On Friday, Sellafield ordered all non-essential staff to stay at home after elevated readings of radiation were detected on site. Later officials at Sellafield – the site of Britain’s worst nuclear accident in 1957 – said naturally occurring radioactive gas that comes from rocks and soil, had triggered the alarm.

Posted by 大沼安史 at 11:11 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ核惨事〕 1957年に原子炉事故を起こした英国のセラフィールドから、専門家チームが来日、フクイチ対策を応援・アドバイス! ★ 日本政府や東電に自主解決能力のないことが、ますます明確になって来た! /そのセラフィールドでは1月28日、土壌や岩石からの放射性ガスが噴出、アラームが響き渡り、一般従業員が全員、自宅待機になる事態に!: