« 〔フクイチ核惨事〕 観測井戸で13日に、最高値、リットル=13万ベクレルの放射性セシウムを検出 前日には、同じ井戸で7万6000ベクレル たった1日で倍増!/ ストロンチウム90を含むベータ線核種も、26万ベクレル含有! ★ 「フクイチ臨海核火山の放射能汚染水地獄」が、急に、深刻さを増している! 隠蔽・後手・泥縄のツケが回って来ているのではないか! | トップページ | 〔だから あじさいの国へ〕 「わたしは〔被曝症状の出ている東京の〕患者たちに、より安全な場所に移ってほしいと思っている」「東京で生活しているすべての人々に対して、年に1~2ヵ月、より安全が場所で暮らすよう、強くお勧めする」 被曝治療と取り組んで来た東京・小平市の医師、三田茂さん((三田医院院長)に対するオーストラリア人ジャーナリスト、ネルソン・グルームさんのインタビュー記事(英文)が世界拡散開始! »

2014-02-15

〔トモダチ作戦・洋上被曝・対東電10億ドル損害賠償集団訴訟〕 原告団のチャールズ・ボナー弁護士は言った。(フクイチ放出放射能は)「全地球を汚染し、被曝者の子孫まで遺伝障害を遺してゆく」/「東電は連日、300トンもの汚染水放出を継続」/「これは東電に対するだけのものではなく、原子力産業全体に対する裁判だ」

★ 被曝被害が世代継承される以上、米水兵らの対東電訴訟は、もしかしたら世代継続型の半永久損害賠償訴訟になってゆくかも知れない!

 ボナー弁護士は原告団の数が79人から81人に増え、さらに増加する見通しを語っている。

 ★は大沼 ◎エネニュース ⇒ http://enenews.com/us-sailors-attorney-fukushima-has-left-an-entire-generation-of-young-people-crippled-physically-mentally-and-genetically-crippled-nuclear-radiation-threatening-entire-planet-audio

             #

 This kind of contamination threatens the entire planet and it has left an entire generation of young people now crippled, genetically as well as mentally, as well physically. As you well know radiation doesn’t just affect the person, it causes genetic mutations so it affects the offspring of an irradiated person. So the harm and damage here to the human beings is far reaching, let alone considering the damage to the environment which is ongoing.

 Tepco is still releasing 300 tons of radiation-contaminated water every day and it’s been going on every day, as it is stated in the lawsuit, since March 11, 2011 — since the earthquake happened. This is a very serious problem.

 So yes, this lawsuit indicts not only Tepco, but indicts the entire nuclear industry and it requires that citizens of the world demand that these power plants actually be shut down because it is impossible to make them completely safe.

Posted by 大沼安史 at 11:15 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔トモダチ作戦・洋上被曝・対東電10億ドル損害賠償集団訴訟〕 原告団のチャールズ・ボナー弁護士は言った。(フクイチ放出放射能は)「全地球を汚染し、被曝者の子孫まで遺伝障害を遺してゆく」/「東電は連日、300トンもの汚染水放出を継続」/「これは東電に対するだけのものではなく、原子力産業全体に対する裁判だ」: