« 〔フクイチ臨海核火山〕 高濃度汚染水大量漏出問題 / 26日の原子力規制委員会 : 委員からは事故が起きたことよりも、事故が起きていることすら気づかず、大幅に対応が遅れたことへの批判が噴出。「あまりにも稚拙で企業の体質、安全管理のあり方など根深い問題がある」 ★ それもそうだが、「レベル6(東海アマさん)」の大事故を――それも連続して起こし、汚染水を大量に環境に放出していることの方が問題だ! | トップページ | 〔フクイチ臨海核火山〕 NHKではなく……BBCが、全世界に報道 : 迫りくるフクシマ放射能流(海水域)を、北米の科学者たちが追跡 / 今後2ヵ月以内に、北米西海岸直撃 / 最高濃度は、最大予測で27ベクレル(立方m)、最低でも2ベクレル(同) 最も汚染された海水塊の到着は、 来年半ば / カナダのベッドフォード海洋研、昨年7月までのに、フクイチとバンクーバーをつなぐラインの全域でセシウム137・134を検出! »

2014-02-27

〔フクイチ臨海核火山〕 トリチウム 「1500ベクレル/リットル」に (して、太平洋の海へ、半永久的に、継続・大放出!) 東電が(勝手に)「新たな排水基準」/ ★ 漁民も、魚たちも、太平洋も、世界も、世界の魚たちも、世界の人たちも、「東電」に<トリチウム垂れ流し基準設定委任状」を与えた覚えはない!

 ★は大沼(見出しのカッコ内も) ◎ 福島民友 26日 ⇒ http://www.minyu-net.com/news/news/0226/news7.html

 「民友」はこう報じている。

 ……原子炉建屋に流入する前の地下水をくみ上げて海に放出する地下水バイパス計画で、東電は25日、いわき市で開かれた県下漁協組合長会で、放出する水に含まれる放射性トリチウムの濃度を1リットル当たり1500ベクレルにするなど新たな排水基準を示した。

 ……くみ上げた地下水は一度タンクにためて放射性物質濃度を測定し、基準を下回った場合のみ海に放出する。放出量は原子炉建屋に流入する1日約400トンのうち、最大約100トン。放出前の測定で基準を超えた場合は放出を停止、浄化などの対策で基準値未満になった上で再開する。

 ―― 東電は「浄化」などして濃度を下げるとしているが、トリチウムは「浄化」できない、と主張している張本人には東電ではないのか!

 わたしは声を大にして、また、言う!

 米国のキュリオン社には、トリチウム除去技術があると、米国のエネルギー長官も太鼓判を押しているのだから、金をかけ、ちゃんと除去してから、海に流すべきではないのか!

 ◎ 参考 <米国のモニーツ・エネルギー長官がわざわざ来日して、「トリチウムを汚染水から除去をする技術はある(除去技術をキュリオン社は持っている)」と言っているのにもかかわらず、「基準値以下に薄めた上で海へ放出すべきだ」などと「決め手なし」を決めてかかる日本!>
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/02/post-5cb5.html

Posted by 大沼安史 at 01:21 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ臨海核火山〕 トリチウム 「1500ベクレル/リットル」に (して、太平洋の海へ、半永久的に、継続・大放出!) 東電が(勝手に)「新たな排水基準」/ ★ 漁民も、魚たちも、太平洋も、世界も、世界の魚たちも、世界の人たちも、「東電」に<トリチウム垂れ流し基準設定委任状」を与えた覚えはない!: