« 〔そして あじさいの国へ〕 <日刊ゲンダイ> 自民真っ青! 細川陣営に強力「助っ人」吉永小百合が“参戦” | トップページ | 〔東京で咲け! あじさいの花!〕 <ツイッター・現場写真・報告>:# 「原発即時ゼロ」の細川護煕候補の演説会。なんと2万人の聴衆が銀座の街を埋め尽くした。 »

2014-02-03

〔いのちのフクシマNEWS〕 秩父で捕獲された野生のシカの肺から 54.9ベクレル/kg ………… モモ肉からは 189.4ベクレル

★ シカの肺にセシウム……首都圏の秩父(埼玉)で 「呼吸被曝」! フクイチ放射能汚染の苛酷な実態が、またも明らかになった! 

 ★は大沼 ◎ 東京新聞 2日付け 埼玉版 シカのセシウム濃度、詳細を調査 秩父の市民団体まとめ
 ⇒ http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20140202/CK2014020202000149.html

Sonne_augen_125

 ◎ 測定依頼などは「みんなの測定所in秩父」(電0494(26)5163)へ

       #

 東京新聞は以下のように伝えている。

        *

 東京電力福島第一原発事故後、食品に含まれる放射性物質の濃度などを調べている「みんなの測定所in秩父」(秩父市黒谷)を運営する市民団体が、市内で捕獲された野生シカ二頭の部位ごとの放射性物質量を調べた結果をまとめた

。福島県内では家畜で同様の調査が行われた例はあるが、県内でのデータは珍しいという。同団体は「今後の対策を考える資料にしてほしい」と話している。 (羽物一隆)

 秩父市内の野生シカからは一般食品の基準値(一キログラム当たり一〇〇ベクレル)を超える放射性セシウムが昨年も検出されており、県内全域で捕獲されたシカの肉の出荷・販売の自粛が続いている。

 市民団体が調査したのは、昨年十一~十二月に秩父市大滝で捕獲された三歳前後のメス(体重四八キロ)と、七~八カ月のオス(同三〇キロ)。捕獲場所付近の空間放射線量は、毎時〇・〇五~〇・〇七マイクロシーベルトだった。

 モモ肉や内臓など約三十の部位のセシウム濃度を調べたところ、モモ肉から一キログラム当たり一八九・四ベクレルが検出された。他の家畜調査の結果と同じく、骨格筋にセシウムがたまりやすい性質が確認できたという。

 また、メスの肺からは比較的高い五四・九ベクレルが検出された。市民団体の関根一昭代表は「セシウム濃度が高い腐葉土が風などで巻き上げられ、シカが吸い込んだ可能性がある」と分析している。

Posted by 大沼安史 at 02:21 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔いのちのフクシマNEWS〕 秩父で捕獲された野生のシカの肺から 54.9ベクレル/kg ………… モモ肉からは 189.4ベクレル: