« 〔だから あじさいの国へ〕 「トモダチ作戦」で洋上被曝した米水兵らの対東電集団訴訟: 原告団に加わった“Baby A.G.” (赤ちゃん・イニチャル=A・G)は、空母「ロナルド・レーガン」乗員から、2011年10月に生まれた。 先天的な複合異常(multiple birth defects)を持って!  | トップページ | 〔そうよ! あじさいの国へ〕 舛添氏の都庁「初登庁」(12日朝)に合わせ、「舛添要一にノー、女たちのアクション」/ 「舛添要一を都知事にしたくない女たちの会」「舛添に投票する男とセックスしない女達の会」などが参加を呼びかけ / ドレスコード――「なるべく黒のコート、赤いマフラー、黒のサングラス」姿で…………! »

2014-02-11

〔だから あじさいの国へ〕 フクイチは(津波ではなく、まず)地震で破壊されていた! ● <東電は「全電源喪失と地震の揺れは無関係」と言っているが、そんなのあり得ない>。 ● 昨年8月、全身転移の癌などで、65歳でなくなったフクイチ作業員、木下聡さん(福島県郡山市)は、重要な証言を遺していた! 

 木下さんは、原発事故の原因となった全電源喪失について、東電が地震の揺れとの関連を否定することに憤った。

  「地震発生時、老朽化が進んでいた無数の配管やトレーが天井からばさばさと落ちてきた。下敷きにならなかったのは奇跡。あれだけの破壊で『無事』なんてあり得ない」 

 ★ 3周年を前に、神戸新聞のスクープ記事が、急浮上! 木下さんの「遺言」を葬り去ってはならない!

 ◎ 木下さんの証言はこうだ!(の強調は大沼)

 あの日は午後から、1号機で定期検査のための足場を組む作業をしていた。1階には私と同僚の2人。4階に元請けと協力会社の4、5人がいた。

 最初の揺れはそれほどでもなかった。だが2回目はすごかった。床にはいつくばった。

 配管は昔のアンカーボルトを使っているから、揺すられると隙間ができる。ああ、危ないと思ったら案の定、無数の配管やケーブルのトレーが天井からばさばさ落ちてきた。落ちてくるなんてもんじゃない。当たらなかったのが不思議。

 4階にいた人たちは水が大量にゴーと襲ってきたと言っていた。それが使用済み燃料プールからなのか、非常用復水器が壊れたからなのか、そのときは分からなかった。

 皆で集合して、1号機から脱出した。地震が起きてどれぐらいだったかな。必死だったからはっきりしないけど、10分ぐらいじゃないかな。

 途中の様子も恐ろしかった。タンクはぼこぼこ倒れてるし、潮が引いていて、これは津波が来ると思った。沖のテトラポットがむきだしになっていた。敷地内にある元請けの事務所に戻り、装備品を返して、まとまった班から解散になった。

 正門を出た。いつもなら浜側の道を通るが、陥没していたから、山側の道を行った。あのまま浜の道を通っていたら、津波にやられとった。

 東電は「全電源喪失と地震の揺れは無関係」と言っているが、そんなのあり得ない。……

           * 

★は大沼  ◎ 神戸新聞 2013/9/11 ⇒  地震で配管落下 続く場当たり体質 福島第1元作業員の「遺言
                 ① http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201309/0006327170.shtml
                 ②  http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201309/0006327168.shtml

               ◇ 木下さんの「遺言」詳報 「東電、信用できない」
           ⇒ http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201309/0006334811.shtml

Posted by 大沼安史 at 02:17 午後 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/59113114

この記事へのトラックバック一覧です: 〔だから あじさいの国へ〕 フクイチは(津波ではなく、まず)地震で破壊されていた! ● <東電は「全電源喪失と地震の揺れは無関係」と言っているが、そんなのあり得ない>。 ● 昨年8月、全身転移の癌などで、65歳でなくなったフクイチ作業員、木下聡さん(福島県郡山市)は、重要な証言を遺していた! :

» ケノーベルからリンクのご案内(2014/02/12 08:43) トラックバック ケノーベル エージェント
郡山市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 続きを読む

受信: 2014/02/12 8:43:30