« 〔だから あじさいの国へ〕 世界的な経済紙、フィナンシャル・タイムズ(FT)が、「日本の年金ファンド、アベのアンフェアな圧力に警告(Japan pension fund warns of unfair Abe pressure)」と報道 / 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の三谷隆博理事長が、「株価引き上げの道具に使われるべきではない」と、FTのインタビューで明言 ★ 「アベノミクス」の底上げに、年金の原資を使おうとした目論見に、反旗が翻った?!  | トップページ | 〔いのちのフクシマNEWS〕 福島第一原発からの放射性物質の拡散を目で見る! / フィルムやシンチレーター(増感紙)を使って、放射線による感光・発光を検出する「オートラジオグラフ」で福島県内の環境放射能を視覚化  »

2014-02-18

〔フクイチ核惨事〕 中国海洋環境テクノロジー研究所のチームが、フクシチ海洋放出の放射能粒子(pollutant particles )の大半が、黒潮、および黒潮拡張潮流に運ばれ、北米西海岸へ、「3.2~3.9年後」(ことし5月末~来年2月初め)に到達と予測!/ 漂着セシウム137、フクシチ周辺海域の4%に

 ◎ ⇒ http://link.springer.com/article/10.1007/s11802-014-1942-9
 ◎ エネニュース ⇒ http://enenews.com/updated-study-most-fukushima-nuclear-particles-will-make-it-to-other-side-of-pacific-starting-in-spring-2014-based-on-32-years-of-data-graphics

 * most pollutant particles move eastward and are carried by the Kuroshio and Kuroshio-extension currents and reach the east side of the North Pacific after about 3.2–3.9 years;

  * For example, Cesium-137, carried by the strong North Pacific current, mainly accumulates in the eastern North Pacific and its impact strength is 4% of the initial level at the originating Fukushima area after 4 years.

Posted by 大沼安史 at 02:06 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ核惨事〕 中国海洋環境テクノロジー研究所のチームが、フクシチ海洋放出の放射能粒子(pollutant particles )の大半が、黒潮、および黒潮拡張潮流に運ばれ、北米西海岸へ、「3.2~3.9年後」(ことし5月末~来年2月初め)に到達と予測!/ 漂着セシウム137、フクシチ周辺海域の4%に: