« 〔だから あじさいの国へ〕 <みんな楽しくHappy♡がいい♪> 三田茂医師(文字起こし)「関東の子どもたちの異常について」/ <甲状腺疾患>「今後は今までの常識とは違う」/ <血液検査>「ホットスポットに住む4歳男子」 | トップページ | <電磁波(悪用)ノート> (重要) 「電磁波等を利用した新しい犯罪および、組織的な監視、嫌がらせの(日本人)被害者」によるレポート  »

2014-02-17

〔だから あじさいの国へ〕 「正義を手にするまで、訴えつづける。わたしたちが死んだら、子が、孫が闘い続ける!」 ―― フィリピンの元「日本軍従軍慰安婦」の女性8人が、マニラの日本大使館前で、12日に、ダンス・プロテストを繰り広げていた! 全世界で繰り広げられた「正義のために10億人が立ち上がる」キャンペーンに参加!  (One Billion Rising for Justice global campaign)

Obrcomfortwomen1

 ★ 84歳になるナルシサ・クラヴェリアさんもダンス・プロテストに参加した。

 「仲間の多くが死んでいる。でも、わたしたちは正義を手にするまで止めない。わたしたちが死んだら、子が、孫が運動を続ける!

 昨年8月、従軍慰安婦だった母親のプラシダさんを亡くした、娘のアリングさん(61さん)もプロテストに参加した。

 プラシダさんは、ひとつだけ、大事なものをアリングさんに遺してくれた。

 その、たったひとつの「かたみ」とは――それは「正義のために闘うこと(the fight for justice)」…………だった。

           #
 ★は大沼 鮮明の写真と記事は → ◎ Bulatlat.com
 ⇒ http://bulatlat.com/main/2014/02/13/comfort-women-rise-for-justice/
 
 グローバル・ポスト ⇒ http://www.globalpost.com/dispatch/news/kyodo-news-international/140212/filipino-comfort-women-stage-protest-outside-japanese-

 ◎ 「正義のために10億人が立ち上がる」キャンペーンについては ⇒ http://www.theguardian.com/society/2014/feb/14/one-billion-rising-to-end-violence-against-women-global-day-of-action-and-dancing-live-coverage#block-52fddf5ee4b0fdf2db83a204 

 * Narcisa Claveria, 84, one of the so-called former comfort women, told reporters, "Many of us have died already in our 22-year-old struggle. But we will not stop until we get justice. Even if we die, our children and grandchildren will continue the fight." (②より)

 * Auring Caranza, 61, said the Philippine government should be the first to acknowledge the atrocities committed against the comfort women of World War II.

 Caranza’s mother Placida, one of the comfort women, died last Aug. 16, 2013. She was 105 years old. The only “inheritance” she received, Caranza added, is the fight for justice, which she is determined to continue.

 “I am very thankful that there is One Billion Rising, which would be participated in by women not just here in the country but in the whole world. We are here to demand for an apology from the guilty governments and for justice to be served,” Caranza told Bulatlat.com.

She said, “This is a big help to the issue of comfort women that has long been forgotten.” (①より)

Posted by 大沼安史 at 11:59 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔だから あじさいの国へ〕 「正義を手にするまで、訴えつづける。わたしたちが死んだら、子が、孫が闘い続ける!」 ―― フィリピンの元「日本軍従軍慰安婦」の女性8人が、マニラの日本大使館前で、12日に、ダンス・プロテストを繰り広げていた! 全世界で繰り広げられた「正義のために10億人が立ち上がる」キャンペーンに参加!  (One Billion Rising for Justice global campaign):