« <電磁波(不正利用)ノート> ワシントン・ポストが報道: すでに(2007年1月時点で)多くの人が、全世界中で数百人――恐らくは数千人もの人が、自分と同じような「電子ハラスメント(electronic harassment )」と「ギャング・ストーカー」被害に遭っていることを突き止めている。被害告発サイトは英国・ロシアばかりか、日本・韓国・インド・中国などにも生まれ、ワシントンを含む大都市では被害者らのミーティングが行なわれている。 | トップページ | 〔だから あじさいの国へ〕 在日米国大使館が、米軍は第2次大戦で「従軍慰安婦」たちを使わなかった、と、籾井NHK会長の「どこの国にもあった」を否定/ 大使館の当局者が言明 ★ 戦後間もなく、米兵相手に開設されたRAA(=特殊慰安協会)の米兵相手の「慰安所」も…………実は、日本政府(内務省)の迎合で開設されたものではないか?! キャロライン・ケネディ大使には、この事実関係の解明も希望する! »

2014-02-02

<電磁波ノート> カナダ・トレント大学のマグダ・ハヴァス教授が、「教室のWifi化」によるマイクロ波放射(microwave radiation)被曝に警告 :「子どもたちは1学年に、1200時間も、Wifi被曝してしまうことに。喫煙・アスベスト・鉛・DDTと同じような歴史が繰り返されようとしている」

 ◎ グローバル・リサーチ研 ⇒ http://globalresearchreport.com/2014/01/30/wifi-in-schools-shown-to-cause-health-problems-is-your-child-at-risk/

        #

 One of the most outspoken and well-known experts concerning the issue of WiFi in schools, Dr. Magda Havas, Professor of Environmental & Resource Studies, Trent University, ON, Canada, states:

“The scientific evidence clearly shows that microwave radiation…now commonly found inside classrooms with Wi-Fi routers causes cancer in laboratory animals, heart palpitations in sensitive adults, reduced sperm motility and viability, and is associated with… cognitive dysfunction, pain, fatigue, mood disorders, dizziness, nausea, weakness, skin problems, and tinnitus.”

  She adds that prolonged exposure may increase people’s chances of developing cancer. With children in school for an average of six hours a day, five days a week for 40 weeks a year, they are exposed to 1,200 hours of WiFi radiation in a single school year. “History is simply repeating itself with microwave radiation, just as it did with cigarette smoking, asbestos, lead and DDT.”

Posted by 大沼安史 at 09:39 午前 4.電磁波被曝問題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/59054662

この記事へのトラックバック一覧です: <電磁波ノート> カナダ・トレント大学のマグダ・ハヴァス教授が、「教室のWifi化」によるマイクロ波放射(microwave radiation)被曝に警告 :「子どもたちは1学年に、1200時間も、Wifi被曝してしまうことに。喫煙・アスベスト・鉛・DDTと同じような歴史が繰り返されようとしている」: