« 〔さあ あじさいの国へ〕 「学校給食改善のご提案」/ 「先生、あなたの協力が必要です!」★ 地元の教育委員会は各学校に、水道水の放射能濾過機を設置しよう! 被曝地の(とくに保健や理科の)先生と給食のおばさんたちは、こどもたちを被曝から守る、先頭に立とう! | トップページ | 〔コラム だから あじさいの国へ〕 「和」を以って「脱原発」と為す »

2014-02-23

〔フクシマ核惨事〕 テンプル大学ジャパンのカイル・クリーブランド(Kyle Cleveland)准教授が調査レポート : Mobilizing Nuclear Bias: The Fukushima Nuclear Crisis and the Politics of Uncertainty 

 ★ 東電がフクイチから撤退していたら、米政府が日本政府に代わり、米軍・自衛隊を使って指揮を執っていた! 

 * 日本政府、「東京脱出」を議論! / U-2型機も出動 / 地上では測定バックパックを背負った米兵が「立ち入り禁止」地域でも測定任務を遂行 / 7800人の米軍人家族が「フライ・ジン」として、日本を脱出! / 米大使館、4日間にわたり産業用シュレッダーで、過去10年分の機密文書を破棄 / 米軍基地では暗号機器など物理破壊! ――

 ★ 38キロ地点「ホットスポット」は米国測定チームが発見!

 
 ★は大沼 ◎ The Asia-Pacific Journal, Vol. 12, Issue 7, No. 4, February 17, 2014.
  ⇒ http://japanfocus.org/-Kyle-Cleveland/4075

 ★ クリーブランド氏の労作のタイトルの仮訳(拙訳)は、「原発についての思い込みを突き動かす:福島核危機と不確実性の政治学」。

 一読して、「これは」と思った点を書き出すと……。

                  # ↓ 

             # ↓ 

 ■ 「もしも(日本政府の)菅(首相)が、東電に対し(フクイチを放棄せず)現場に踏みとどまらせなかったら、米政府が国防総省、日本の自衛隊と連携しながら、より中心的な役割を果たす、別の政治的な動きが出ていたろう。

  …… Had Kan not forced TEPCO to stay, an entirely different political dynamic would have ensued, with the U.S. government taking on a more central role in coordination with the Ministry of Defense and the SDF
  (★ 東電が菅直人首相の意向を無視して現場から撤退していたら、代わりに米政府が――つまりは米軍が自衛隊とともに前面に立っていた――ということである)

 ■ 日本政府は(福島第2原発も放棄することになる、いわゆる「悪魔の連鎖」を想定してながら)、東京の避難を議論していた。東京避難の可能性が出たことで、東京のアメリカ大使館では、数千人の米国人を空母の甲板に乗せて、日本を脱出する計画策定に着手した。

  …… It was with this in mind that the Japanese government discussed evacuating Tokyo. Alarmed at this possibility, in the U.S. embassy planning began to put thousands of Americans on the decks of the aircraft carriers to get them out immediately.

  (★ 日本政府は国民の知らないところで、「東京避難」を議論していた! この場合の避難とは、恐らく、政府関係者など一部の権力層の東京脱出を指すはずだ。福島でも、一般住民はそのまま被曝させられていたわけだから)

 ■ 東京のアメリカ大使館では、(東京脱出に備え)4日間にわたり、産業用シュレダーでの、過去10年間分の機密文書の廃棄作業が続けられた。在日米軍基地では、機密サーバーや暗号機器の物理的破壊作業が続けられた。

  ……At the U.S. Embassy in Tokyo, industrial grade shredders were used continuously for four days, destroying classified documents dating back a decade; at the military bases burn bags were used to destroy documents and equipment such as classified servers and cryptography machines were physically destroyed.

 ■ 事故後、数日間、米国が得た唯一のリアルタイム情報は、経産省がサイトに載せた情報(NISAによるそのセコハン情報)だけだった。 

  ……they relied on information filtered through the Japanese government, which in the first few days was scarcely available: the only real-time information the U.S. had access to was a data stream on the MEXT website, and second-hand reports from NISA and other Japanese government agencies.

 ■ <米国による放射能測定活動について ① > : * 米エネルギー省傘下の核安全局(NNSA)は3月14~28日の間、UH-60ヘリとC-12ヒューロン機を使って、100フライト、計525時間のAMS(航空測定システム)活動を行なった。航空機搭載の特別検知ポッドは、車両に測定車両に移設された。

 
  ……Deploying to Japan from March 14 to March 28, THE U.S. Department of Energy National Nuclear Security Administration’s DOE/NNSA) Aerial Measuring System (AMS) conducted 100 survey flights, comprising 525 flight hours, using UH-60 Blackhawk helicopters, C-12 Huron airplanes and eventually transferred special detector pods that are mounted on the airplanes to ground teams for vehicle-based ground surveys.

  * 無人飛行機(RQ-4 グローバル・ホークのほか、軍機密のU-2型機、P-3オリオン海上偵察機も投入されたいた。

  ……With the Daiichi plant still a black box, and only spotty data to indicate the radiation dispersion, the U.S. quickly set up an independent parallel process of acquiring data, utilizing their vast array of military and governmental resources. These included the Department of Energy’s Atmospheric Monitoring System (AMS), on the ground radiation measurement surveys, fixed station radiation monitors, the RQ-4 Global Hawk military drone and classified military surveillance (the Lockheed U-2 high-altitude reconnaissance aircraft and the P-3 Orion maritime surveillance aircraft) and the nuclear aircraft carriers to help with the assessment.

 ■ <米国による放射能測定活動について ② > : 地上では、測定機の入ったバックパックを背負った米軍兵士らが、「立ち入り禁止」区域で、測定活動を続けた。

  ……Along with these assets, the U.S. relied on ground surveys by teams of military personnel using specially equipped radiation monitoring backpacks in "picket fences" ……

 ■ <米国による放射能測定活動について ③ > : 米国は東北地方全体の測定活動を続け、線量データを積み上げたいた。米国はフクイチ事故を評価するのに必要な、測定・データ蓄積面で途方もなく重要な役割を果たした。

  ……the U.S. continued with their radiation surveys throughout the Tohoku region. The United States played an inordinately important role in measuring and compiling radiation data that nuclear authorities could use for assessing the Fukushima nuclear disaster.……

 (★ 日本政府が手を拱いている間、現地を、上空・地上からサーヴェイしたの、アメリカだった!)

 ■ <米国による放射能測定活動について ④ > 4号機で爆発(15日早朝)が起きようとする頃、核安全局(NNSA)はフクシチから38キロ地点で、PAG(米国防護ガイドライン)を超える「ホットスポット」を検出した。

  ……In short proximity to the explosion of the reactor #4 building that was believed to destroy the spent fuel pool, higher than expected readings at the reactor site and TEPCO's announcement that it was leaving, the DOE/USFJ radiation surveys measured a radiation hotspot at 38 kilometers distance from the Daiichi plant that was in excess of US Protective Action Guidelines (PAG).

 (★ 「ホットスポット」検出情報は、他のすべての米側情報と同じように、日本側に伝達されていたはずである。これを日本側がどう取り扱ったか、が問題である)
   

 ■ 4号機使用済み核燃料プール(SFP4): 「フクイチの運転員たちは、上司からの報復を恐れながらも、彼らもまた、プールの水が抜けたと思ったことを、個人的に認めていた」

 ……operational staff - hands-on engineers - fearing reprisals from their superiors, privately conceded that they too believed the pool had run dry.

  (★ プールが空になったと見ていたのは、米NRCの日本派遣チームだけではなかったわけだ。)

 ■ <米軍人家族、日本脱出> : 「太平洋の旅・作戦(Operation Pacific Passage)」と名づけられたオペレーションで、米軍人の家族7800人が、旅費・国防総省持ちで日本を離れた。ただで帰国できる軍人家族を、一般の在日米国人は「ガイジン」をもじり「フライ(飛ぶのfly・ジン」と呼ぶようになった。 

  ……Through a mission named "Operation Pacific Passage" approximately 7,800 D.O.D. dependents (including about 1,200 families) left Japan, the most significant movement of U.S. citizens in Japan since the Pacific War.
  Within the social networks of expats in Japan, the “voluntary departures” were controversial. The D.O.D. dependents who took advantage of this opportunity to depart without cost were labeled “Fly-Jin” (a contraction variant of the Japanese word “Gaijin,” ……

Posted by 大沼安史 at 04:06 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ核惨事〕 テンプル大学ジャパンのカイル・クリーブランド(Kyle Cleveland)准教授が調査レポート : Mobilizing Nuclear Bias: The Fukushima Nuclear Crisis and the Politics of Uncertainty :