« 〔いのちのフクシマNEWS〕 ★★★(重要) 「トモダチ作戦」洋上被曝・対東電10億ドル損害賠償集団訴訟、79人の原告団の中に、フクイチ近辺で居住し、「陸上被曝」した、米国人ティーンエージャーが含まれていた! 原告団、最大「7万人」の訴訟参加を準備/ 空母「ロナルド・レーガン」(43億ドル相当)も、まるごと被曝で、スクラップ化・沈船処分、やむなし見方も! | トップページ | 〔いのちのフクシマNEWS〕 楢葉町の海岸で見つかった「ホットスポット」放射性物質――東電が「分析」結果を、(しどろもどろ)発表 /<えーっと、いずれにしてもこういったキュリウム、あるいはプルトニウム、アメニシウム、こういったものが観測されているという事については、えー、実際に、トータルとして、えーーー、ま、あの、「発電所由来である」という事です> »

2014-02-14

〔いのちのフクシマNEWS〕 「フクシマ検閲(Censorship of Fukushima)」に「秘密保護法」!――「国境なき記者団(RSF)」の「報道の自由度ランキング(2014)」で、安倍政権下の日本、59位に低下(前年の53位よりさらに低下)! アジアでは韓国(57位)を下回る

_72734826_78412077

 ● ハフィントン・ポスト(日本版)⇒ http://www.huffingtonpost.jp/2014/02/11/world-press-freedom-index-2014_n_4771424.html
 ● ジャパン・タイムズ Press freedom ranking falters due to secrecy law (12日付け)
 ⇒ http://www.japantimes.co.jp/news/2014/02/12/national/press-freedom-ranking-falters-due-to-secrecy-law/#.UvxshGJ_up4

        #

 ★(大沼)RSFの「日本」に関する記述に、こうある!

 「国境なき記者団」(Reporters Sans Frontières )、日本の「秘密保護法」と「フクシマ検閲(Censorship of Fukushima)」をきびしく批判! すでにタブー化されている「原発」「日米関係」などの透明度、さらに低下。
 
 調査報道、公益、情報源の秘匿の全てが犠牲に。

 日本国内の情報機関による逮捕・家宅捜査・尋問と司法手続きによる威嚇――フクイチ核惨事後を取材する日本のフリーランスのジャーナリストが、こんなにも多くのリスクに包まれようとは、いったい誰が思ったことだろう。

 政府の認証を受けた記者だけがジャーナリストであるという、日本独特の「記者クラブ」制度の下で、フリーや外国人レポーターへの差別は、フクシマ後、さらに強まっている。

● http://rsf.org/index2014/en-index2014.php#

  The “special intelligence protection bill” that the National Diet in Japan (59th, - 5) adopted in late 2013 would reduce government transparency on such key national issues as nuclear power and relations with the United States, now enshrined as taboos. Investigative journalism, public interest and the confidentiality of journalists’ sources are all being sacrificed by legislators bent on ensuring that their country’s image is spared embarrassing revelations.

● http://rsf.org/index2014/en-asia.php

Censorship of Fukushima

 Arrests, home searches, interrogation by the domestic intelligence agency and threats of judicial proceedings – who would have thought that covering the aftermath of the 2011 Fukushima nuclear disaster would have involved so many risks for Japan’s freelance journalists? The discrimination against freelance and foreign reporters resulting from Japan’s unique system of Kisha clubs, whose members are the only journalists to be granted government accreditation, has increased since Fukushima.

 Often barred from press conferences given by the government and TEPCO (the Fukushima nuclear plant’s owner), denied access to the information available to the mainstream media (which censor themselves), freelancers have their hands tied in their fight to cover Japan’s nuclear industrial complex, known as the “nuclear village.” Now that Prime Minister Shinzo Abe’s government has tightened the legislation on “state secrets,” their fight will get even more dangerous.

        #

 ★ 日本は、NHK会長の発言問題もあり、このままでは「2015年のランキング」でのさらなる低下は必死だ。

 竹野内真理さんへの刑事告訴 ⇒ 福島県警受理 ⇒ 事情聴取・任意捜査問題も、考慮されるに違いない。

Posted by 大沼安史 at 10:16 午前 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/59128922

この記事へのトラックバック一覧です: 〔いのちのフクシマNEWS〕 「フクシマ検閲(Censorship of Fukushima)」に「秘密保護法」!――「国境なき記者団(RSF)」の「報道の自由度ランキング(2014)」で、安倍政権下の日本、59位に低下(前年の53位よりさらに低下)! アジアでは韓国(57位)を下回る: