« 〔いのちのフクシマNEWS〕 ニューヨーク・フィルが、福島の中学生たちとアメリカの子どもたちの作曲コラボレーションによる「ミュージック・フォー・フクシマ(Music for Fukushima 福島のための音楽)を、東京での特別講演で演奏! ★ 音楽は、魂と同様に、被曝することはない!  | トップページ | 〔いのちのフクシマNEWS〕 米太平洋岸 ワシントン州のヤキマ(Yamaki)周辺3郡(カウンティー)で無脳症児(anencephaly)の出産、相次ぐ / 昨年1月までの過去3年間に 23人 / 脊椎破裂も3例、脳瘤も1例 全米テレビ・NBCがレポート »

2014-02-19

〔いのちのフクシマNEWS〕 米西部ユタ州 ハクトウワシ(bald eagles ) 連続怪死のミステリー ナイル・ウイルス説、否定される! 野性リハビリセンターの専門家が(あらためて)言明 「フクイチ放射能の可能性、排除せず」 ★ フクイチ・プルームの放射能は偏西風にのって40日サイクルで世界をぐるぐる回っている! 濃密な気団が大西部の上空を舞う、米国のシンボル、ハクトウワシを襲ったかも知れない!

Srbeat

 ★は大沼 ◎ ロサンゼルス・タイムズ(シアトル・タイムズ掲載 Mystery over what’s killing bald eagles in Utah (12月29日付け)
  ⇒ http://seattletimes.com/html/nationworld/2022558797_dyingeaglesxml.html

 At first, the agency’s disease scientists guessed the illness could be encephalitis, which is caused by the West Nile virus, but later ruled out that possibility.

 Officials at the Wildlife Rehabilitation Center have their own theories. Some point to radiation from

Japan after the 2011 meltdown at the Fukushima Daiichi nuclear power plant.

“We aren’t ruling out anything,” Marthaler said.

Posted by 大沼安史 at 12:40 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔いのちのフクシマNEWS〕 米西部ユタ州 ハクトウワシ(bald eagles ) 連続怪死のミステリー ナイル・ウイルス説、否定される! 野性リハビリセンターの専門家が(あらためて)言明 「フクイチ放射能の可能性、排除せず」 ★ フクイチ・プルームの放射能は偏西風にのって40日サイクルで世界をぐるぐる回っている! 濃密な気団が大西部の上空を舞う、米国のシンボル、ハクトウワシを襲ったかも知れない!: