« 〔いのちのフクシマNEWS〕 <OurPlanet> 福島医大とICRPが事業協力で覚書締結 | トップページ | 〔だから あじさいの国へ〕 「福島の証言――世界が聞いた福島のいま」 / 韓国・インド・ドイツ・ポーランドの反原発市民運動家がグリーンピースの招きで福島入り フクイチ核惨事被災者の訴えに耳を傾ける / 訪問団が東京の外国人記者クラブで会見 / ユン・ホセブ ・韓国・国民大学名誉教授、「真実から目を背けることは止めるべきです」 »

2014-02-23

〔だから あじさいの国へ〕 「安倍の文化戦争ブーメランは日本に返ってゆく(Abe’s culture wars boomerang against Japan)」、ジェフ・キングストンさんが「東京発」のジャパン・タイムズの論説で警告!

 * 安倍首相のジンゴイズム( jingoism 、盲目的愛国主義)への警告は正しい。人々の議論を圧殺することは、日本の「開かれた社会」に対する重大な脅威である。ほとんどの日本人は、アベが彼らを引きずり出そうとしているところまで行きたいとは思っていない。しかし、アベはそれでもドカドカ進み続けている。

 * モミイやNHK経営委のお仲間のために、NHKの信用をつぶし、日本の評判を台無しにするために、受信料から毎年、2200万円を払っているのは何のためなのか、首をひねる人も出ている。

  The Financial Times is right to warn that the jingoism of Prime Minister Shinzo Abe, and attempts to stifle public debate, are grave threats to Japan’s open society. Most Japanese don’t want to go where Abe is trying to drag them, but he is stomping ahead regardless.

 One wonders why viewers’ license fees are squandered on paying Momii and his fellow clowns on the board more than ¥22 million a year each to destroy NHK’s credibility while spattering Japan’s reputation

 ★は大沼 ◎ ⇒ http://www.japantimes.co.jp/opinion/2014/02/22/commentary/abes-culture-wars-boomerang-against-japan/

 ★ (フクシマに加え)「アベの日本」に対する、世界的な警戒感が増すにつれ、ジャパン・タイムズ(電子版)海外に対する影響力は、いまや知日派の枠を超えたものになっているようだ。

 このジェフ・キングストンの文章も、「東京発」のジャパン・タイムズ・オピニオンとして、国際社会にまたひとつ、波紋を広げそうだ。

Posted by 大沼安史 at 10:42 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔だから あじさいの国へ〕 「安倍の文化戦争ブーメランは日本に返ってゆく(Abe’s culture wars boomerang against Japan)」、ジェフ・キングストンさんが「東京発」のジャパン・タイムズの論説で警告!: