« 〔コラム 机の上の空〕 日本の<名前を言ってはいけない男 (He-Who-Must-Not-Be-Named) >は、駐英・林大使をシドロモドーロにさせた…… | トップページ | 〔いのちのフクシマ NEWS〕 「彼(ヨシザワさん)は、死んだ母牛のそばで鳴く、生まれたばかりの赤ちゃんを見て、決心した。残りの牛たちを守る! そして彼は、その赤ちゃん牛に、ストローベリー(イチゴ)と名付けた」 /ニューヨーク・タイムズも、牛たちを守る浪江のカウボーイ、吉沢正巳さんの闘いを報道! 「この牛たちは、フクシマにおける人間の愚行の、生ける証だ(“These cows are living testimony to the human folly here in Fukushima,” )」! »

2014-01-12

〔いのちのフクシマ NEWS〕 カリフォルニアの「フクイチ放射能不安」鎮静化せず サーファーさえも、「ビーチには行かない!」

 米西海岸、カリフォルニアの「フクイチ放射能汚染」問題が鎮静化しない。

 当局が「フクシマの影響はゼロだ」と言っても、「即・納得」とは、なかなかならないようだ。

 地元テレビ局など、波乗りが何よりも好きなサーファー(サンタクルス在住)の、「サーフィンする気になれない」という声を報じるありさま。
 
 なぜ、不安は収まらないのか?

 それはおそらく(これまあくまで、大沼の私見だが)「フクイチ核惨事」にまつわる、日本政府・東電の隠蔽体質・情報隠しが、太平洋の対岸においても、まだまた人々の潜在意識にしみこんで、トラウマになっているからだ。

 なので、カリフォルニア州議会では、議員が州当局に、「ビーチでフクイチ核惨事リスクが実際、どの程度のものなのか」(測定)情報を公表するよう求める事態に。

 シスコ南郊のサンマテオ郡当局は、米NRC(原子力規制委員会)とコンタクトをとる一方、対岸の「フクイチ」の状況のモニタリングを開始した。

 こんご、日本の安倍政権が「状況はコントロールされている」として、フクイチ核惨事の情報をもみけそうとしても、結果として、太平洋の向こう側から情報開示を求める声が強まるだけ。

 日本「国内」はNHKなどを使って情報統制できたとしても、国外=海外は許さない、事態への発展も懸念される事態になりつつある。

◎ ソース 「エネニュース」⇒ http://enenews.com/california-official-information-on-risk-from-fukushima-needs-to-be-made-public-state-in-contact-with-nrc-cbs-health-scare-over-possible-fukushima-radiation-in-pacific-caught-fish-surfer 

Posted by 大沼安史 at 10:45 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔いのちのフクシマ NEWS〕 カリフォルニアの「フクイチ放射能不安」鎮静化せず サーファーさえも、「ビーチには行かない!」: